「VWニュービートル」にもっとも安い新車種

2004.09.27 自動車ニュース
 

「VWニュービートル」にもっとも安い新車種

フォルクスワーゲングループジャパンは、「フォルクスワーゲン・ニュービートル」に最廉価の新グレード「EZ」を追加設定するとともに、仕様、価格を変更し、2004年10月2日に発売する。

 

新しく加わった「ニュービートルEZ(イージィ)」はエントリーグレードという位置付け。エンジンは、既存の2リッター直4(116ps)、1.8リッターターボ(150ps)ではなく、1.6リッター直4(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)を搭載。またアルミではなく16インチスチールホイールを付け、フロントフォグランプ、リモコンドアロックを省き、2リッター「ニュービートル」比で約22万円安い、229万9500円という価格とした。

結果、ニュービートルは、従来まで「プラス」と呼ばれていた上級車のポジションにアップ。プラスで標準だった「レザーパッケージ」(フロント高さ調整式シート、3本スポークステアリングホイール、ハンドブレーキグリップ、シフトノブが革仕様)をオプション設定(19万9500円高)とするなどした。

「ニュービートルターボ」は、1インチアップした17インチアルミホイールを標準装備。「スポーツエディション・インテリア」と称した2トーンレザースポーツシート、アルミ調インテリアを採用する一方で、マニュアルトランスミッションをカタログから落とし、4段オートマチックのみとした。325万5000円のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

 

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲンが8車種の先進装備を強化 2017.7.20 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年7月20日、純正インフォテインメントシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」およびナビゲーション機能が付いた「Discover Pro(ディスカバー プロ)」の機能強化に加え、一部モデルの装備を充実させ、販売を開始した。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
ホームへ戻る