「VWニュービートル」にもっとも安い新車種

2004.09.27 自動車ニュース
 

「VWニュービートル」にもっとも安い新車種

フォルクスワーゲングループジャパンは、「フォルクスワーゲン・ニュービートル」に最廉価の新グレード「EZ」を追加設定するとともに、仕様、価格を変更し、2004年10月2日に発売する。

 

新しく加わった「ニュービートルEZ(イージィ)」はエントリーグレードという位置付け。エンジンは、既存の2リッター直4(116ps)、1.8リッターターボ(150ps)ではなく、1.6リッター直4(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)を搭載。またアルミではなく16インチスチールホイールを付け、フロントフォグランプ、リモコンドアロックを省き、2リッター「ニュービートル」比で約22万円安い、229万9500円という価格とした。

結果、ニュービートルは、従来まで「プラス」と呼ばれていた上級車のポジションにアップ。プラスで標準だった「レザーパッケージ」(フロント高さ調整式シート、3本スポークステアリングホイール、ハンドブレーキグリップ、シフトノブが革仕様)をオプション設定(19万9500円高)とするなどした。

「ニュービートルターボ」は、1インチアップした17インチアルミホイールを標準装備。「スポーツエディション・インテリア」と称した2トーンレザースポーツシート、アルミ調インテリアを採用する一方で、マニュアルトランスミッションをカタログから落とし、4段オートマチックのみとした。325万5000円のプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)

 

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る