アウディ、「A3」の5ドア版「スポーツバック」発売

2004.09.27 自動車ニュース
 

アウディ、「A3」の5ドア版「スポーツバック」発売

アウディジャパンは、プレミアムコンパクトを標榜する「アウディA3」の5ドアバージョン「A3スポーツバック」を、2004年10月22日に発売する。

 

2003年9月に日本上陸を果たした3ドア「A3」に、「クーペを思わせるスポーティなエレガンスさと、5ドアモデルの機能性をあわせ持ち、最先端のテクノロジーとアウディ特有のスポーツダイナミズム」(プレスリリース)を有する5ドアハッチ「A3スポーツバック」が追加された。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4285×1765×1430(4WDは1415)mm、ホイールベース=2575mm。3ドア比で70mm長くなり、そのぶんをリアオーバーハングにあて、機能性アップと室内空間拡大を図った。
ラゲッジルームは、通常時で370リッター、分割可倒式リアシートのシートバックを倒せば1120リッターまで拡がる。

バリエーションは3種類。FFが、直噴2リッター直4(150ps、20.4kgm)+6段ティプトロニックの「2.0FSI」(329.0万円)と、注目のガソリン直噴ターボ「TFSI」2リッター4気筒(200ps、28.5kgm)に、ツインクラッチ式の2ペダルMT「DSG」を合わせた「2.0TFSI」(389.0万円)。4WDは、3.2リッターV6(250ps、32.6kgm)+DSGの「3.2クワトロ」(475.0万円)というラインナップとなる。
ちなみに、上級3.2リッタークワトロ同士を比べると、スポーツバックのほうが15.0万円高い。

(webCG 有吉)

 

アウディジャパン「A3スポーツバック」:
http://www.audi.co.jp/models/a3/sportback/sportback.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る