ホンダの小型SUV「CR-V」、車種を絞りエンジン拡大

2004.09.24 自動車ニュース
 

ホンダの小型SUV「CR-V」、車種を絞りエンジン拡大

本田技研工業は、街乗りSUV「CR-V」をマイナーチェンジし、2004年9月24日に発売した。

 

従来までの「パフォーマ」「フルマーク」といったグレード構成を改め、「iL」(4WDのみ)と「iL-D」(4WDとFFの2WD)の2車種に統合。全車、0.4リッタープラスとなった2.4リッター直4 DOHC16バルブ(160ps/6000rpm、22.4kgm/3600rpm)と、従来より1段増えた5段ATを組み合わせて載せる。

またリアルタイム4WDシステムも改良。従来のデュアルポンプシステムに、ワンウェイカムユニットとパイロットクラッチを加えることで、FFと4WDの切り換えを瞬時に行えるようになったという。

エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、リアバンパーを新意匠化。ディスチャージヘッドランプ(HID)を全車に標準装備するとともに、フォグランプを丸形デザインとするなどした。また車内では、自発光メーターや本革巻きステアリングホイール&ATセレクトレバーなどで質感アップを図った。

価格は、222.6万円から241.5万円まで。月の目標販売台数を1000台に設定する。

(webCG 有吉)

 

本田技研工業「CR-V」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/cr-v/

関連キーワード:
CR-Vホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】ホンダがハイブリッドの「CR-V」を欧州で初公開 2017.9.6 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年9月5日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に出展する「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」の概要を発表した。
  • プジョー、3列7人乗りSUVの「5008」を発売 2017.9.26 自動車ニュース プジョーが新型SUV「5008」を発売。3列7人乗りのミドルサイズSUVで、エンジンには1.6リッターガソリンターボと2リッターディーゼルターボの2種類を用意。自動緊急ブレーキや前走車追従機能付きクルーズコントロールなどが標準装備される。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • 「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップ 2017.10.3 自動車ニュース ダイハツ工業は2017年10月3日、小型乗用車「ブーン」の上級グレード「シルク」にアクセサリーパーツのパッケージ商品である「SPORZA(スポルザ)リミテッドパッケージ」を設定し、販売を開始した。
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース FCAジャパンが、2017年10月30日に新型「ジープ・コンパス」を発表する。コンパスはモダンなスタイリングを特徴とするジープブランドのクロスオーバーSUVであり、2代目となる新型は機能性、快適性、安全性などが全方位的に高められているという。
ホームへ戻る