ホンダの小型SUV「CR-V」、車種を絞りエンジン拡大

2004.09.24 自動車ニュース
 

ホンダの小型SUV「CR-V」、車種を絞りエンジン拡大

本田技研工業は、街乗りSUV「CR-V」をマイナーチェンジし、2004年9月24日に発売した。

 

従来までの「パフォーマ」「フルマーク」といったグレード構成を改め、「iL」(4WDのみ)と「iL-D」(4WDとFFの2WD)の2車種に統合。全車、0.4リッタープラスとなった2.4リッター直4 DOHC16バルブ(160ps/6000rpm、22.4kgm/3600rpm)と、従来より1段増えた5段ATを組み合わせて載せる。

またリアルタイム4WDシステムも改良。従来のデュアルポンプシステムに、ワンウェイカムユニットとパイロットクラッチを加えることで、FFと4WDの切り換えを瞬時に行えるようになったという。

エクステリアでは、フロントグリルやフロントバンパー、リアバンパーを新意匠化。ディスチャージヘッドランプ(HID)を全車に標準装備するとともに、フォグランプを丸形デザインとするなどした。また車内では、自発光メーターや本革巻きステアリングホイール&ATセレクトレバーなどで質感アップを図った。

価格は、222.6万円から241.5万円まで。月の目標販売台数を1000台に設定する。

(webCG 有吉)

 

本田技研工業「CR-V」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/cr-v/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)【試乗記】 2012.3.5 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)
    ……352万円

    燃費、快適性、機能性、そして走破性の改善と、全方位の進化がうたわれる新型「CR-V」。その日常性能を試すために、上級の「24G」グレードで箱根を目指した。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸NEW 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
ホームへ戻る