シトロエン、「C4サルーン/クーペ」を発表【パリサロン04】

2004.09.24 自動車ニュース
【パリサロン2004】シトロエン、「C4サルーン/クーペ」を発表

【パリサロン2004】シトロエン、「C4サルーン/クーペ」を発表

2004年9月23日のプレスデイで開幕した、パリサロンの名で知られるパリモーターショー(Mondial De L' Automobile 2004)。地元フランスのPSAプジョー・シトロエングループのうち、シトロエンは、ミドサイズ「C4」のサルーンとクーペを発表した。


【写真上】C4サルーン
【写真下】C4クーペ

【パリサロン2004】シトロエン、「C4サルーン/クーペ」を発表

■スタイル異なり、中身は同じ

「クサラ」の後継ぎとなる「C4サルーン/クーペ」。丸い滑らかなフロントマスクを持つボディは、Cd値が0.28(クーペ)&0.29(サルーン)と「カテゴリー中ベスト」(プレスリリース)だ。
ラウンドなリアを持つサルーンに対し、クーペのオシリはスパッと切り落としたかのようなシェイプに、リアウィングがエアロなアクセントを付ける。
外身に違いはあるが、車内は共通で、中央にスイッチ類を配したステアリングホイールやダッシュボード中央の半透明インストゥルメントクラスターが特徴とされる。

エンジンはバリエーションに富んでおり、1.4リッター(90ps)、1.6リッター(110ps)、2リッター(138ps)、サルーンに載る2リッター(143ps)、そしてクーペ用の2リッター(180ps)と5つのガソリンユニットに加え、3つのディーゼルエンジンを揃える。

(webCG 有吉)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化 2017.7.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「シトロエンC4」のラインナップを変更。既存のグレードを廃し、ブランドスポットモニターや日本語表示対応のタッチスクリーンを搭載した新グレード「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
ホームへ戻る