ホンダ、「アコード・ハイブリッド」を12月に北米で発売

2004.09.22 自動車ニュース
 

ホンダ、「アコード・ハイブリッド」を12月に北米で発売

本田技研工業のアメリカ現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2004年12月3日から「アコード・ハイブリッド」を北米市場で販売する。ホンダのハイブリッド車は、「インサイト」「シビック・ハイブリッド」に続く3車種目。



 

「アコード・ハイブリッド」は、「インスパイア」などに採用した、可変シリンダーシステムを備えたV6エンジンと、ハイブリッドシステム「IMA」(Integrated Motor Assist)を組み合わせたユニットを搭載。255psの最高出力と、実用域で有効なトルク特性を持ちつつ、コンパクトカー並の燃費性能を実現したという。「アコードV6セダン」と燃費を比較した場合、市街地モードで43%、高速道路モードで23%アップ。最高出力は15ps増だ。

ホンダはインサイトを1999年、シビック・ハイブリッドを2002年に米国市場に投入しており、2003年、両車はアメリカのハイブリッド車登録の半数以上を占めているとか。シビック・ハイブリッドの2004年1月から8月末までの販売台数は、1万7805台と、前年を16%上回る勢いという。

ちなみにアメリカではハイブリッド車の人気が高く、先駆け的存在「トヨタ・プリウス」には注文が殺到。ハイブリッドユニットの生産が追いつかないため、今秋発売が予定されていたハイブリッドSUVのリリースを2005年に延期した、という事情もある。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2016.11.17 画像・写真 FCAは2016年11月16日、LAショーで新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」を発表した。今回は2.9リッターV6ツインターボエンジン(510ps)を搭載する4WDモデルの「ステルヴィオ クアドリフォリオ」が公開された。
ホームへ戻る