ホンダ、「アコード・ハイブリッド」を12月に北米で発売

2004.09.22 自動車ニュース
 

ホンダ、「アコード・ハイブリッド」を12月に北米で発売

本田技研工業のアメリカ現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2004年12月3日から「アコード・ハイブリッド」を北米市場で販売する。ホンダのハイブリッド車は、「インサイト」「シビック・ハイブリッド」に続く3車種目。



 

「アコード・ハイブリッド」は、「インスパイア」などに採用した、可変シリンダーシステムを備えたV6エンジンと、ハイブリッドシステム「IMA」(Integrated Motor Assist)を組み合わせたユニットを搭載。255psの最高出力と、実用域で有効なトルク特性を持ちつつ、コンパクトカー並の燃費性能を実現したという。「アコードV6セダン」と燃費を比較した場合、市街地モードで43%、高速道路モードで23%アップ。最高出力は15ps増だ。

ホンダはインサイトを1999年、シビック・ハイブリッドを2002年に米国市場に投入しており、2003年、両車はアメリカのハイブリッド車登録の半数以上を占めているとか。シビック・ハイブリッドの2004年1月から8月末までの販売台数は、1万7805台と、前年を16%上回る勢いという。

ちなみにアメリカではハイブリッド車の人気が高く、先駆け的存在「トヨタ・プリウス」には注文が殺到。ハイブリッドユニットの生産が追いつかないため、今秋発売が予定されていたハイブリッドSUVのリリースを2005年に延期した、という事情もある。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ 2016.5.26 自動車ニュース ホンダが「アコード」をマイナーチェンジ。パワーユニットの改良によってシステム最高出力を215psに高めるとともに、燃費も31.6km/リッターに改善した。また新機能として「信号情報活用運転支援システム」を採用するなど、装備の強化も図っている。
  • ホンダ・アコード ハイブリッド EX(FF)【試乗記】 2013.7.11 試乗記 ホンダがHV市場での捲土(けんど)重来を期して送り込んだ「アコード ハイブリッド」。自慢のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の走りの特徴とは。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • 「日産デイズ」にインテリアが特徴の特別仕様車登場
    2017.4.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年4月25日、軽乗用車「デイズ」に特別仕様車「Xモカセレクション」と「ハイウェイスターXプレミアムセレクション」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る