ホンダ、「アコード・ハイブリッド」を12月に北米で発売

2004.09.22 自動車ニュース
 

ホンダ、「アコード・ハイブリッド」を12月に北米で発売

本田技研工業のアメリカ現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2004年12月3日から「アコード・ハイブリッド」を北米市場で販売する。ホンダのハイブリッド車は、「インサイト」「シビック・ハイブリッド」に続く3車種目。



 

「アコード・ハイブリッド」は、「インスパイア」などに採用した、可変シリンダーシステムを備えたV6エンジンと、ハイブリッドシステム「IMA」(Integrated Motor Assist)を組み合わせたユニットを搭載。255psの最高出力と、実用域で有効なトルク特性を持ちつつ、コンパクトカー並の燃費性能を実現したという。「アコードV6セダン」と燃費を比較した場合、市街地モードで43%、高速道路モードで23%アップ。最高出力は15ps増だ。

ホンダはインサイトを1999年、シビック・ハイブリッドを2002年に米国市場に投入しており、2003年、両車はアメリカのハイブリッド車登録の半数以上を占めているとか。シビック・ハイブリッドの2004年1月から8月末までの販売台数は、1万7805台と、前年を16%上回る勢いという。

ちなみにアメリカではハイブリッド車の人気が高く、先駆け的存在「トヨタ・プリウス」には注文が殺到。ハイブリッドユニットの生産が追いつかないため、今秋発売が予定されていたハイブリッドSUVのリリースを2005年に延期した、という事情もある。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
アコードホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
ホームへ戻る