「ホンダ・インテグラ」、よりスポーティにマイナーチェンジ

2004.09.21 自動車ニュース
 

「ホンダ・インテグラ」、よりスポーティにマイナーチェンジ

本田技研工業は、コンパクトFFクーペ「インテグラ」をマイナーチェンジ。フェイスリフトや装備の変更に加え、スポーティグレード「タイプS」を新設するなどし、2004年9月17日から販売を開始した。


【写真上】インテグラ タイプS(ブレイズオレンジメタリック)
【写真下】インテグラ タイプR(ビビッドブルーパール)
 

従来「iS」と呼ばれていたグレードをカタログから落とし、「タイプS」を新設定。17インチタイヤやリアスポイラー、スポーツバケットシートを装着するなど、よりスポーティに改められた。これでラインナップは「タイプS」「タイプR」の2本立てとなった。

エクステリアでは全グレードにおいて、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプやバンパーデザインを変更。タイプRでは、ハイウイングタイプのリアスポイラーに加え、タイプSと同様のローウイングタイプも選ぶことができる。

ボディカラーには「ビビッドブルーパール」「ブレイズオレンジメタリック」など4つの新色が追加され、全9色(専用色を含む)展開となった。

どちらのグレードでも、ボディ剛性のアップ、サスペンションの変更など、走行性能の向上が図られた。機関の変更はなく、タイプSが160ps/19.5kgm、タイプRが220ps/21.0kgmを発生する、2リッター直4「i-VTEC」ユニットだ。その他、ブレーキペダル剛性、ステアリングフィールやエンジン音にもこだわったチューニングが施されたという。

価格は、タイプSが199万5000円(FF/5MT)と210万円(FF/5AT)。タイプRは250万8450円(FF/6MT)となる。

(webCG 本諏訪)

本田技研工業「インテグラ」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/integra/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る