【スペック】全長×全幅×全高=4175×1695×1460mm/ホイールベース=2600mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4 DOHC16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/価格=207万9000円(テスト車=248万1150円)

トヨタ・カローラランクスZエアロツアラー(6MT)【ブリーフテスト】

トヨタ・カローラランクスZエアロツアラー(6MT) 2004.09.20 試乗記 ……248万1150円総合評価……★★★ハッチバック好きを自称する、自動車ジャーナリストの生方聡。「トヨタ・カローラ」シリーズのホットバージョン「ランクスZエアロツアラー」に乗った印象は?
自動車ジャーナリストの生方聡
(写真=峰昌宏)

アクが足りない

ヨーロッパでは非常にポピュラーで、日本でも輸入車のエントリーモデルとして人気が高いFF(前輪駆動)2ボックス。しかし、日本では、「ヴィッツ」や「フィット」「マーチ」というリッターカークラスは元気がいいが、1.5リッター以上になると、ステーションワゴンやコンパクトミニバンにすっかりシェアを奪われて、影の薄い存在になってしまった。
しかし、取りまわしが容易なコンパクトなボディ、いざとなればワゴン並みに荷物が積めるラゲッジスペース、見た目より広いキャビンなど、ハッチバックの長所はたくさんある。そういう私も大のハッチバックファンなので、トヨタからこの「カローラランクス」が発売されたときは、密かに喜んだものだ。
詳しい評価は後述するとして、ひとつ残念なのは、カローラランクスに個性が足りないこと。実用車だからあまり押し出しが強くないほうがいいのかもしれないが、個性派揃いのヨーロッパ勢に太刀打ちするのなら、もうすこしアクが強くてもよかったのではないか。実用性の高さに加えて、なにか光るものが欲しいのである。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年1月に発売された「カローラ」のハッチバックモデル。ちなみに、トヨタカローラ店で売られるのが「カローラランクス」、ネッツトヨタ店で販売されるのが「アレックス」である。
エンジンは、可変バルブタイミング機構「VVT-i」搭載の1.5リッター(105ps)と1.8リッター(132ps)、さらにバルブのリフト量も変化させる「VVTL-i」を採用した1.8リッター(190ps)の3種類。VVT-i搭載モデルには、FFのほか、4WDモデルも用意される。
(グレード概要)
カローラランクスのホットバージョンが「Zエアロツアラー」。アレックスの「RS」グレードにあたる。「Xエアロツアラー」と同様、エクステリアにフロントスポイラー、サイドマッドガードなどを装着。インテリアに、メタル調パネルやメッキのインサイドドアハンドルを使った“ちょっと豪華版”だ。190psユニット搭載車は、足まわりが強化され、フロントブレーキが大径フロントディスクブレーキ、ローダウンサスペンション&パフォーマンスダンパーが備わる。
2004年4月27日のマイナーチェンジで内外装の意匠に変更を受け、“スポーティ”が強調された。



トヨタ・カローラランクスZエアロツアラー(6MT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・カローラランクスZエアロツアラー(6MT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
すっきりとしたフォルムのインストゥルメントパネルは、ヨーロッパ車、なかでもフォルクスワーゲンあたりを意識したかのように見えるデザインだ。
インテリアのアクセントになっているのが、トヨタが「メタルメッシュ調」と呼ぶデコレーションパネルだ。光沢の美しさには目を見張るが、全体としてはやや地味である。
メーターはアナログ式で、自光式の「オプティトロン」の採用とあいまって、速度計や回転計は見やすい。ただ、楕円形でメーターの中央部分に凹凸があるデザインは、個人的にはやや違和感をおぼえた。メーターはシンプルなのが一番だと思う。
Zエアロツアラーはランクスのトップグレードだけあって、説明しきれないほど装備は充実している。気になるのは、サイドエアバッグやカーテンエアバッグがオプションという点。ベース価格を安く見せたいのはわかるが、オプションゆえにこれらの安全装備を選ばない人が出てくるというのは、決して好ましい状況ではないはずだ。こういった安全装備こそグレードによらず全車に標準装着してほしい。
なお、試乗車にはオプションのG-BOOK対応DVDナビ付きAVステーションやブラインドコーナーモニター&バックモニターが装着されていた。見通しの悪い狭い路地から大きな道路に合流するような場合、時々不安になることがある。そういう場合に、このブラインドコーナーモニターは実に有効だと思う。
(前席)……★★★
スポーティなグレード、Zエアロツアラーの前席にはスポーツシートが装着される。クッションは厚いが、座り心地はフワフワではなく、しっかりした感触。これなら長距離でも疲労はすくなそうだ。
ステアリングホイールやシフトレバーは本革巻き。ドライバーまわりに小物入れも豊富で、運転する環境として、これといった不満はない。しいていえば、スポーティグレードらしい色気のようなものがあれば、もっと楽しい気分になるのになぁ……。
(後席)……★★
サイズはコンパクトでも広い室内を実現するのがFF・2ボックスの特長で、このランクスも例外ではない。167cmの私が運転席のポジションを決めて後席にまわると、膝の前には拳2つぶん以上の余裕があり、頭上も広々としている。シートそのものはソフトな感触。やや平板な形状のせいか、サポートは不足気味だ。
短時間ではあるが、後席に乗って移動したところ、乗り心地は硬く、路面によっては突き上げられることがあった。スポーツモデルだけにやむを得ないが、これでは家族には敬遠されてしまうかもしれない。
(荷室)……★★★
「日本のハッチバックも変わったなぁ」と感じたのは、テールゲートを開けるハンドルがテールゲート外側に備わったこと。ドイツ車では常識だが、一昔前の日本製ハッチバックにはこのハンドルがなく、いちいち室内のテールゲートオープナーを操作しなければならず、面倒な思いをしたものだった。
リアシートの座面を跳ね上げ、それからシートバックを倒して荷室を広げるダブルフォールディングもうれしい機能だ。おかげでフラットなラゲッジスペースが得られるし、立てたシートバックが荷物のストッパー役にもなり安心である。しかし、リアシートを立てた通常の状態では、荷室の高さがやや不足気味で、狭い印象を受けた。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
最高出力190ps/7600rpm、最大トルク18.4kgm/6800rpmというスペックを見ると、いまどき珍しく、やけに高回転型のエンジンという印象だが、実際に運転してみると、高回転型特有の扱いにくさや低回転域でのトルクの細さは微塵もない。実用的で、それでいて、スポーティなエンジンに仕上がっている。その秘密は、運転状況やエンジン回転数によりバルブタイミングだけでなくバルブのリフト量も変える「VVTL-i」にある。
おかげで、街なかで普通に乗る場面では、低中回転域のトルクが豊かで扱いやすく、高いギアのまま多少シフトをサボっても走れてしまう柔軟さを持っている。加速したければ、4000rpmも回してやれば期待どおりの力強さを発揮する。
一方、6000rpmを超えてからレブリミットの8200rpmまでは、まるで別のエンジンのように勢いに乗り、スポーティなドライビングを可能にしている。もちろん、常に6000rpm以上に回転を保っていたら疲れてしまうが、高回転でパンチがあり、下の回転でも十分頼もしいのがこのエンジンの素晴らしい点。日常用と非日常用のふたつのエンジンを瞬時に切り替えるような楽しさがある。
組み合わされる6段マニュアルは、やや手応えのあるシフトタッチを示すが、その重厚感が好ましい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
スポーティグレードだけに、乗り心地はやや硬めだが、前席に乗っているかぎりは、段差を超えたときのショックは我慢できるレベルに収まっている。ただ、スピードを上げても硬い印象は変わらず、それでいてフラット感は不足気味だ。もうすこし落ち着くといいのに……。
残念ながらワインディングロードを試すチャンスはなかったが、すくなくとも街なかや高速では、ハンドリングに軽快さは感じられなかった。

(写真=清水健太/2004年9月)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2004年6月1日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:834km
タイヤ:(前)195/60VR16(後)同じ
オプション装備:G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション(26万2500円)/ブラインドコーナーモニター&音声ガイダンス機能付きバックガイドモニター(5万9850円)/195/60VR16(16×16JJアルミホイール)(7万9800円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:365.4km
使用燃料:37リッター
参考燃費:9.9km/リッター

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
ホームへ戻る