メルセデスベンツGクラスの安全装備充実

2004.09.15 自動車ニュース

メルセデスベンツGクラスの安全装備充実

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの高級クロスカントリー「Gクラス」を一部改良。エアバッグの追加など安全装備の充実と共に、一部グレードに新エンジンを投入するなどして、2004年9月13日に発売した。

今回の改良ではロングホイールベース車に、SRSウインドウバッグ、後席中央3点式シートベルトとISOFIX対応チャイルドセイフティシート固定装置を標準装着とした。さらに、AMG以外のグレードはアルミホイールを新デザインに変更。「G500ロング」ではサスペンションセッティングを改め、乗り心地を向上させたという。

同時に、ハイパフォーマンスモデル「G55 AMGロング」に、5.5リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンが新たに搭載された。最高出力は、従来の353psを大きく上回る476psを発生する。

価格は、「G55 AMGロング」が従来より73.5万円高い1606.5万円。その他のグレードに価格変更はない。

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
メルセデスベンツGクラスの安全装備充実の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る