第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?

2004.09.14 エッセイ

第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?

 
第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?の画像
【スペック】
全長×全幅×全高=4715×1815×1400mm/ホイールベース= 2665mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/2.3リッター直5 DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(245ps/5400rpm、33.7kgm/2400-5100rpm)/価格=577.5万円
【スペック】
	全長×全幅×全高=4715×1815×1400mm/ホイールベース= 2665mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/2.3リッター直5 DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(245ps/5400rpm、33.7kgm/2400-5100rpm)/価格=577.5万円
 
第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?の画像

■日本で2番目に売れてる

すいません。遅くなりましたけど、四国で行われた「ボルボC70カブリオレ」の試乗報告をば。正式名は「C70 T-5クラシック」。簡単に言うとC70のオープンに、2.3リッター直5ハイプレッシャーターボのっけて、プレミアムオーディオの「DYNAUDIO」ほかオプションばりばりの“お買い得モデル”なんだけどね。
とはいえ、元を正せば1990年初頭生まれの「850」シリーズがベースの古くさーいクルマ。なんで今更? しかも「ボルボでオープン」って別にイメージないじゃない? と思ったら、これが的外れってことがわかりました。案外いいのよコレが。

まずね。解説を聞いて驚いたけど、ここ数年、ラクシャリー4シーターオープンの世界じゃ、日本で2番目に売れてるんだって。具体的にはBMW3シリーズ・カブリオレの次。とはいえ、ここ約3年半で664台と、全然たいしたことないんだけど、このジャンルじゃいい方。それもなんとなくわかる気がするが……。

それよっか肝心のモノよモノ。これが実にいいんだわ。まずはスタイルで、今のマッチョなモダンスタイルに比べて違和感がない。今のもだいぶ見慣れてきたけど「やっぱボルボは“角”」って気分は残ってるじゃない。かなり丸くなってはいるが。
それにそもそも布製トップにはクラシカルなボディの方が似合うのよ。「オープンはちょい枯れのがステキ」って、どっかのファッション誌のコピーみたいだけど言いえて妙。
実際、ひと世代前の「ゴルフ・カブリオレ」がそうだった。ずーっとゴルフIをベースにしてて、多少不便だったけどでそれがいい味を出していた。ボルボもまったく同じよ。

 
第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?の画像
 
第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?の画像
 
第160回:発見!「ボルボC70カブリオレ」の魅力 オープンは“ちょい枯れ”のがステキ?の画像

■衝動買いに値する

乗った感じもいい。正直、ボディ剛性は不足気味だし、荒れた道でのステアリングへのキックバックも強い。しかし、全体の重み、滑らかさは十分高級で、本革シートやインテリア全体の質感も高い。ナビの装着を前提としてないインパネデザインも懐かしくてよい。
ついでにボルボ自慢の衝突安全性能は保証付きで、ボディ補強はもちろん、転倒時のロールオーバープロテクションシステム「ROPS」やオープンカー初の4座式プリテンション・シートベルトも装着。

でね。一番重要なのが価格とリアシート。大人4人がしっかり座れて、お値段577.5万円はハッキリ言ってお買い得。日本では上品イメージの強いボルボブランドだし、高級感も十分あるしね。
だいたいにして、オープンカーって計算づくで買うもんじゃないのよ。俺も経験あるけど、モノを見て「キモチ良さそう」って思い、「買えそう」って値段だったらついフラっと買っちゃうもの。C70をみて、十分に衝動買いに値する商品だってことがわかりました。実力保証済みだけど、お値段高めの「メルセデスベンツCLK」なんかにも十二分に対抗できる。
昔クルマ好き、今、ちょっとお金余り気味のご年配の方々にはピッタリなんじゃないでしょうか。もちろん、俺も金に余裕があれば欲しいけどね。

(文と写真=小沢コージ/2004年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.4.19 試乗記 ……589.0万円
    総合評価……★★★★★

    大がかりなお化粧直しで見た目が変わった「ボルボC70」。その走りと乗り心地はどうなった? “ぜいたくオプション”装備モデルで試した。
  • ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)【試乗記】 2007.2.16 試乗記 ボルボC70(FF/5AT)/C70 T-5(FF/5AT)
    ……518万4000円/614万4000円

    フルモデルチェンジを果たした「C70」は、電動ハードトップを採用したクーペカブリオレとなった。2つのエンジンを乗り比べ、軍配が上がったオススメグレードは……?
  • ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)【試乗速報】 2010.3.15 試乗記 ボルボC70 T5 GT(FF/5AT)
    ……589.0万円

    いちばん優雅なボルボ、4座オープンの「C70」がフェイスリフト。あいにくの雨の試乗でリポーターが気付いたのは……。
  • ボルボC70(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.3.30 試乗記 ……518万4000円
    総合評価……★★★★★

    「ボルボ」のオープンモデル「C70」が発売された。春は目前、流行のクーペカブリオレスタイルになった新型を、市街地を中心に試した。
  • 「ボルボC70」がマイナーチェンジ イメージ一新 2010.3.12 自動車ニュース ボルボのオープン「C70」がマイナーチェンジ。2010年4月24日に日本で発売される。
ホームへ戻る