「VWゴルフ」のトップグレード「GTI」、パリサロンで発表

2004.09.13 自動車ニュース
 

「VWゴルフ」のトップグレード「GTI」、パリサロンで発表

独フォルクスワーゲンAGは、2004年9月23日から開催される「パリモーターショー」(通称パリサロン)で、「ゴルフ」のトップグレード「GTI」を発表する。



 

1974年の初代デビュー以来5代目となる現行ゴルフは、本国では2003年8月に、日本では2004年5月に販売開始。1.4リッターから2リッターまでのガソリンエンジンと、2リッターディーゼル&ターボエンジンがラインナップされる(日本では1.6直噴と2.0のみ)。
ここに従来モデルよりお馴染みのスポーティグレード「GTI」が追加されることとなり、2004年9月23日から開催される「パリモーターショー」でワールドプレミアを迎える。

「ゴルフGTI」最大の特徴は動力性能。フォルクスワーゲン初という2リッター直噴ターボエンジンは、先に発表されている姉妹車「アウディA3スポーツバック2.0TFSI」と同型のユニットと想定され、最高出力200ps、最大トルク28.6kgmというアウトプット。さらに12.5km/リッターの低燃費もセリングポイントとされる。
組み合わされるトランスミッションは6段MT、あるいは2ペダルMT「DSG」。足まわりには、他のモデルより15mmローダウンされたスポーツサスペンションと17インチタイヤを奢り、ブレーキは大径のものが装着される。

赤い縁取りに黒いラジエーターグリルを持つゴルフGTIは、エクステリアでも他のグレードと一線を画す。フレッシュエア導入のための大型開口部を備えたバンパーグリルや、リアスポイラー、フォグランプなども特徴的だ。インテリアは、専用デザインのスポーツシート、アルミを使ったパーツ類などでスポーティさを演出。ESPやエアバッグなどの安全装備も、他のゴルフと同様標準装着だ。

ボディタイプは3ドアと5ドア。価格や発売日などは未発表だが、独メディアの伝えたところによると、本国では2004年11月中頃にリリース予定といわれる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンパリモーターショー2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売 2018.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る