「VWゴルフ」のトップグレード「GTI」、パリサロンで発表

2004.09.13 自動車ニュース
 

「VWゴルフ」のトップグレード「GTI」、パリサロンで発表

独フォルクスワーゲンAGは、2004年9月23日から開催される「パリモーターショー」(通称パリサロン)で、「ゴルフ」のトップグレード「GTI」を発表する。



 

1974年の初代デビュー以来5代目となる現行ゴルフは、本国では2003年8月に、日本では2004年5月に販売開始。1.4リッターから2リッターまでのガソリンエンジンと、2リッターディーゼル&ターボエンジンがラインナップされる(日本では1.6直噴と2.0のみ)。
ここに従来モデルよりお馴染みのスポーティグレード「GTI」が追加されることとなり、2004年9月23日から開催される「パリモーターショー」でワールドプレミアを迎える。

「ゴルフGTI」最大の特徴は動力性能。フォルクスワーゲン初という2リッター直噴ターボエンジンは、先に発表されている姉妹車「アウディA3スポーツバック2.0TFSI」と同型のユニットと想定され、最高出力200ps、最大トルク28.6kgmというアウトプット。さらに12.5km/リッターの低燃費もセリングポイントとされる。
組み合わされるトランスミッションは6段MT、あるいは2ペダルMT「DSG」。足まわりには、他のモデルより15mmローダウンされたスポーツサスペンションと17インチタイヤを奢り、ブレーキは大径のものが装着される。

赤い縁取りに黒いラジエーターグリルを持つゴルフGTIは、エクステリアでも他のグレードと一線を画す。フレッシュエア導入のための大型開口部を備えたバンパーグリルや、リアスポイラー、フォグランプなども特徴的だ。インテリアは、専用デザインのスポーツシート、アルミを使ったパーツ類などでスポーティさを演出。ESPやエアバッグなどの安全装備も、他のゴルフと同様標準装着だ。

ボディタイプは3ドアと5ドア。価格や発売日などは未発表だが、独メディアの伝えたところによると、本国では2004年11月中頃にリリース予定といわれる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンパリモーターショー2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
ホームへ戻る