スズキのベーシック軽「アルト」一新

2004.09.13 自動車ニュース
 

スズキのベーシック軽「アルト」一新

スズキは、軽自動車「アルト」をフルモデルチェンジし、2004年9月13日に発売した。


「アルトは、手ごろな価格と燃費などの経済性を徹底的に追及したクルマ」と語る、スズキ株式会社の津田紘社長。
 

■65万円から(税抜)という経済性を武器に

1979年5月にデビュー、装備を徹底的に簡略化することで47万円という低価格を実現し、大ヒットしたのが初代「アルト」。6年ぶりにモデルチェンジして6代目に突入した新型は、最廉価モデル(2WD/5MT)で68万2500円(税抜価格で65万円)からという、ベーシックな軽ならではの経済性を武器に登場した。



 

屋台骨「ワゴンR」のプラットフォームをベースとした5ドアボディは、全長×全幅×全高=3395×1475×1500(4WDは1510)mm。長さ・幅は先代と変わらないが、高さが2WDで50mmプラスされたのが特徴だ。ホイールベース=2360mmは、先代およびワゴンRと同じ。



 

女性ウケする“丸&線”基調のファンシーなエクステリアは昨今の流れから。「香りをイメージした新色」や明るいベージュを用いたインテリアなど、ミス、ミセスの生活のアシを演出するであろう言葉がリリースに散りばめられる。
背高になったのにあわせ、室内高も30mmアップ。前後席の着座位置をプラス(前+25mm、後+20mm)し乗降性に配慮したのに加え、前席シートのスライド量を前後60mm増やし最適なポジションを探しやすくしたという。



 

エンジンは熟成を図った「K6A型」。658ccの直3 DOHC12バルブユニットのアウトプットは変わらず、54ps/6500rpmの最高出力と、6.2kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。トランスミッションは、5段MT、3段ATを基本に、最上級グレードに4段ATを奢る。

なお3ドアはカタログに載らず、商用バンは先代を継続販売するという。
価格は、68万2500円から107万3100円まで。月の目標販売台数を6000台に設定する。

(webCG 有吉)



 

スズキ「アルト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/alto/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編) 2017.2.23 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」。ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに何を見いだすのか!
ホームへ戻る