【スペック】全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1630kg/駆動方式=FR/3リッターV6 DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4500rpm)/価格=849.0万円(テスト車=同じ)

ジャガーXJ6 3.0(6AT)【ブリーフテスト】

ジャガーXJ6 3.0(6AT) 2004.09.10 試乗記 ……849.0万円総合評価……★★★★ジャガーのフラッグシップ「XJシリーズ」に追加された、3リッターV6を積む「XJ6 3.0」。自動車ジャーナリストの金子浩久は、アルミボディとコンパクトなエンジンの恩恵を感じたものの……。
自動車ジャーナリストの金子浩久

敵は身内にあり?

アルミモノコックボディを採用した軽さを武器に、優れたハンドリングと乗り心地で、「メルセデスベンツSクラス」や「BMW 7シリーズ」といったライバルとの差別化を図る「ジャガーXJシリーズ」。その末弟が「XJ6 3.0」だ。兄貴たちがみなV8を積むところ、XJ6のパワーソースは3リッターV6。装備や内装の違いもわずかで、17インチ(兄貴たちは18インチ以上)タイヤを採用する以外、シャシーの違いはない。
XJ6の価値は、つまるところ、エンジンと価格の違いをどう考えるかによって変わるだろう。XJ6の849.0万円に対し、「XJ8 3.5」は895.0万円。あるいは、同じ排気量の「Sタイプ3.0 V6」の690.0万円と比べる人がいるかもしれない。

結論をいうと、XJ6は、500cc大きい排気量を持つライバル「メルセデスベンツS350」「BMW 735i」に対して、ハンドリングと乗り心地のレベルの高さにおいては優位に立つ、と思った。一方、V8を積むXJとの価格差は内容に比して大きくはない、と感じた。また、今回、同じタイミングでマイナーチェンジを果たしたSタイプ3.0 V6がさらに上質になり、一番のライバルが身内から出現したことも判明した。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1968年のデビュー以来、ジャガーの主力として君臨し続ける高級サルーン。2003年4月から導入された新型は、従来のスチールから、軽量なアルミモノコックボディに変更されたことが最大の特徴である。うねりのあるボンネット、低く長いボディといった、従来までのスタイリングの特徴を継承しつつ、高い居住性、走行性能や低燃費など、現代のクルマに求められる要素が詰め込まれた。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=5090(+65)×1900(+100)×1450(+90)mm、ホイールベースは3035(+165)mm(カッコ内は旧型との比較)。旧型よりひとまわり以上大きいが、重量を40%低減、剛性は60%高められ、走行性能と燃費はもちろん、快適性や衝突安全性も向上したという。
エンジンは、V8が3.5リッター(267ps/6250rpm、34.6kgm/4200rpm)、4.2リッター(304ps/6000rpm、43.0kgm/4100rpm)、スーパーチャージャー付き4.2リッター(406ps/6100rpm、56.4kgm/3500rpm)の3種類。2004年4月、3リッターV6を積む「XJ6」が追加された。トランスミッションは、すべてZF製の6段AT。
サスペンションは、前後ともダブルウィッシュボーン式。全車、荷重変化に応じてバネレートを制御するエアサスペンションを装着する。さらに、「CATS」(コンピューター・アクティブ・テクノロジー・サスペンション)と呼ばれる、電子制御アダプティブダンピングシステムを採用。優れた操縦性と快適性を実現したという。快適装備が充実しているのはいわずもがな。シートは16ウェイ電動パワーシート(前席)、メモリー機能がステアリングホイールとペダル位置を記憶し、スイッチひとつで適切な運転姿勢がとれる。「Sタイプ」に採用された「エレクトロニック・パーキングブレーキ」や、DVDナビゲーションシステムなどは、もちろん標準装備だ。安全装備は、車両安定性を高めるDSCやトラクションコントロールをはじめ、前席フロント&サイドエアバッグ、前後カーテンエアバッグを装着。さらに、乗員の有無や体重、ステアリングホイールとの位置関係などをモニターし、衝突安全システムを制御する「A.R.T.S.」(アダプティブ・レストレイント・テクノロジー・システム)が、全車に備わる。
(グレード概要)
伝統の名を冠する「XJ6 3.0」は、「Sタイプ3.0 V6」と同じ3リッターV6(243ps/6800rpm、30.6kgm/4500rpm)を積む、XJシリーズのボトムレンジ。軽量なアルミボディを活かし、「ラージプレミアムサルーンではクラス最軽量」(プレスリリース)を誇る。
シリーズ中、もっとも細い235/55R17インチタイヤを履くが、外観は他グレードとほぼ同じ。キセノンヘッドランプや後席シートヒーターなど、一部装備が簡略化されるとはいえ、そこは高級サルーン。標準でも装備は豊富で、「CATS」など上級グレードから多くを踏襲する。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
古典的で落ち着いた意匠、切り立ったインパネまわりの造形はジャガー独特のもの。XJだけでなくSタイプにも共通するが、細かい部分は明らかにXJの方が手間がかかっている。たとえば、空気吹き出し口の風量調整ダイヤルやオーディオのボリュームノブなどには滑り止め加工が施され、回した際の抵抗感なども吟味されていた。エンジン回転、速度、燃料残量、水温の各メーターも、インテリア全体の意匠と調和を図りつつ、あらゆる条件下で見やすいデザインがなされている。これ見よがしの派手さはないが、じっくり丁寧な仕上げだ。それは、オーナーが買った直後ではなく、しばらく付き合っているうちに、「いいものを買ったなぁ」と徐々に気付いていく類のものだろう。そこがSタイプとの大きな違いだ。
(前席)……★★★★
現行XJの室内空間は、旧型のそれよりも明らかに広大になった。顕著に感じるのが前席。特に頭上空間の拡大ぶりが著しく、シートも、小振りだった旧型よりもゆったりしている。穿った見方をすれば、ようやくライバル並みになったわけだが……。一方、かつてのタイトさが、ジャガーサルーン特有で好ましいものだったことが思い出された。
(後席)……★★★
頭上と膝まわりの空間は十分に確保されている。こちらも、旧型とは大違い。乗車定員は5名だが、リアシートは左右2名分を優先したつくりで、中間部分は幅、クッションの快適性も落ちる。
(荷室)……★★
モノコックボディの恩恵で旧型より約27%広くなり、VDA方式で470リッターの収納容量を誇るとはいえ、XJの荷室は頼りない。全長5メートルを超えるクルマの荷室としては、天地寸法が浅く、形状が使いやすいとはいえない。なぜなら、荷室の内壁が奥からリアバンパーにかけてすぼまっているからだ。したがって、開口部が狭く、こちらの期待ほど大きなものは入らないだろう。この傾向はXJだけのことではなく、Sタイプ、Xタイプにも見られる。
いずれも、ジャガー独特の流れるような造形に起因するのは明らかだ。数値としても形状としても、ライバルと同等以上の荷室を求めることが、はじめから酷なのかもしれない。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
ジャガー独自の“J”ゲートを踏襲した6段ATは、スムーズな変速、適切な変速タイミングなど、実に申し分ないでき。“J”ゲートの操作感も良好で、“D”-“5”-“4”-“3”-“2”を、手首の捻りだけで小気味よくマニュアルシフトできる。トルクコンバーターを用いたATなので、昨今流行りのいわゆる“2ペダルMT”にはない滑らかさと、シフトアップ時の“タメ”が備わり、ジャガーの高級サルーンにまことにふさわしい。
だが、3リッターV6「VB」型エンジンは、やや力不足ではないか。高速道路や交通の流れのいい道では痛痒ないが、上り坂の途中からのダッシュなどではトルクの細さを感じてしまう。
XJ6用「VB」ユニットが、SタイプV6 3.0と同じなことは周知の通り。排気量やボア×ストローク、圧縮比、最高出力とその発生回転数、最大トルクまで同じ数値なのに、なぜか最大トルク発生回転数だけがSタイプ用「FB」ユニットよりも400回転高いのだ。その理由はわからないが、車両重量が90kgも重いSタイプの方が、(ほぼ)同じエンジンを積んだXJよりも、不思議なことにわずかに加速が鋭く感じた。それほど、Sタイプ3.0 V6の“洗練”は際立っている。
このXJ6 3.0の上にはXJ8 3.5が控えているが、500ccと2気筒の違いは小さくない。XJ6の849.0万円と、XJ8 3.5の895.0万円の価格差は46.0万円。つまり、849.0万円まで出す余裕があるならば、46.0万円追加することはそれほど難しくないわけで、XJ8 3.5に心惹かれる人がいてもおかしくないということだ。逆に、XJ6を選ぶ人は、伝統ある名前や、小さいエンジンの軽快感を積極的に選ぶ“通”だともいえよう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
アルミボディの軽さを活かして、クイックなハンドリングと快適な乗り心地を高いレベルで両立している。5メートルを超える大型ボディが2まわり以上小さく感じられるほど、手の内で操ることができるのが、ライバルたちとの大きな違いだ。
ただ、そのアドバンテージも適度なエンジンパワーが伴って、初めて享受できるような気がする。XJ6が非常に洗練されたハンドリングと乗り心地を有していることは間違いないが、どうしても、XJ8の存在が気になった。

(写真=清水健太/2004年9月)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2004年4月20日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)235/55ZR17(後)同じ(いずれもピレリ P6000 POWERGY)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(3):山岳路(4)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る