シトロエンの新型WRカー「C4 WRC」公開

2004.09.10 自動車ニュース
 

シトロエンの新型WRカー「C4 WRC」公開

仏オートモビル・シトロエンは、2004年9月7日、翌2005年末より世界ラリー選手権(WRC)に投入する予定の新しいWRカー「シトロエンC4 WRC」を公開した。


ヴェルサイユ・サトリーの工場に近いテストコースで披露された「シトロエンC4 WRC」
 

「C4 WRC」は、現行「クサラWRC」の後継となる、ダブルシェブロンのニューウェポンだ。
クサラWRCは、ワークスフル参戦開始の2003年に早くもシトロエンにワールドタイトルをもたらし、そして今年2004年シーズンは、第11戦ラリー・ジャパンまでに6勝を記録。現時点でマニュファクチャラーズタイトルに、そしてエースのセバスチャン・ロウブはドライバーズタイトルに最も近い存在である。

3月のジュネーブショーでコンセプトカーとして披露されたC4 WRCは、C4のクーペをベース車両とし、心臓部に315psを発生する2リッター直4ターボを載せる。2005年シーズン末に実戦投入され、2006年からフル参戦というスケジュールが組まれる。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。