「日産フェアレディZ」に鮮やかな新色追加

2004.09.09 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」に鮮やかな新色追加

日産自動車は、2シータースポーツクーペ「フェアレディZ」とそのオープン「フェアレディZロードスター」に、鮮やかさがウリの黄色いボディカラーを追加設定。同時に、AT機能の変更や装備の充実を図るなど改良を加え、2004年9月8日から販売を開始した。

追加されたボディカラー「プレミアムサンシャインイエロー」は、従来の塗装より上塗装を一層追加して、彩度、輝度を向上させたというもの。「フェアレディZ」「ロードスター」の両車に用意され、車両価格に13万6500円の上乗せとなる。

さらに今回の変更から、5段AT搭載車に、日産初という「シンクロレブコントロール」機能が採用された。この機能はシフトダウン時のエンジン回転数を最適制御するというもので、よりスポーティでスムーズな走りを可能にするという。

同時に、インテリアパーツの質感を向上させ、またヒーター付きドアミラーの装着や、運転席にシートリフターが標準装備されるという変更も行われた。全車において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」を達成したのも新しい。
価格は従来と変わらず、「フェアレディZ」が315.0万円から388.5万円まで。「フェアレディZロードスター」は367.5万円から409.5万円までとなる。

(webCG 本諏訪)


日産自動車「フェアレディZ/フェアレディZロードスター」:http://www2.nissan.co.jp/Z/top.html

 
「日産フェアレディZ」に鮮やかな新色追加の画像

関連キーワード:
フェアレディZフェアレディZロードスター日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る