「日産フェアレディZ」に鮮やかな新色追加

2004.09.09 自動車ニュース

「日産フェアレディZ」に鮮やかな新色追加

日産自動車は、2シータースポーツクーペ「フェアレディZ」とそのオープン「フェアレディZロードスター」に、鮮やかさがウリの黄色いボディカラーを追加設定。同時に、AT機能の変更や装備の充実を図るなど改良を加え、2004年9月8日から販売を開始した。

追加されたボディカラー「プレミアムサンシャインイエロー」は、従来の塗装より上塗装を一層追加して、彩度、輝度を向上させたというもの。「フェアレディZ」「ロードスター」の両車に用意され、車両価格に13万6500円の上乗せとなる。

さらに今回の変更から、5段AT搭載車に、日産初という「シンクロレブコントロール」機能が採用された。この機能はシフトダウン時のエンジン回転数を最適制御するというもので、よりスポーティでスムーズな走りを可能にするという。

同時に、インテリアパーツの質感を向上させ、またヒーター付きドアミラーの装着や、運転席にシートリフターが標準装備されるという変更も行われた。全車において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」を達成したのも新しい。
価格は従来と変わらず、「フェアレディZ」が315.0万円から388.5万円まで。「フェアレディZロードスター」は367.5万円から409.5万円までとなる。

(webCG 本諏訪)


日産自動車「フェアレディZ/フェアレディZロードスター」:http://www2.nissan.co.jp/Z/top.html

 
「日産フェアレディZ」に鮮やかな新色追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る