ベンツのロードスター「メルセデスベンツSLK」がフルモデルチェンジ

2004.09.06 自動車ニュース

ベンツのロードスター「メルセデスベンツSLK」がフルモデルチェンジ

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの2座オープンスポーツ「SLK」クラスをフルモデルチェンジして、2004年9月6日に発表、同日販売をはじめた。3.5リッターV6を積む「SLK350」と、5.5リッターV8搭載のAMGバージョン「SLK55AMG」の2種類で、価格はそれぞれ、672.0万円と959.7万円。

■スポーツカーを凌駕

7年ぶりにフルモデルチェンジした「SLK」は、ボディやシャシー、エンジンを強化し、「このクラスのスポーツカーを凌駕するロードスターに変貌」させたという。先行して発売された「BMW Z4」、近々フルモデルチェンジや車種追加がウワサされる、「ポルシェ・ボクスター」といった、スポーティなライバルを意識した内容だ。
日本に導入されるのは、3.5リッターV6を積む「SLK350」と、5.5リッターV8搭載のAMGバージョン「SLK55AMG」の2種類。ちなみに、本国には2リッター直4スーパーチャージャーをつむエントリーグレード「SLK200コンプレッサー」もあるが、導入は見送られたようだ。

新しいSLKの外観は、スーパーグランツーリズモ「SLRマクラーレン」を彷彿とさせる、アグレッシブなフロントマスクを採用。張りのある面にエッヂを利かせたサイドビュー、コンパクトで滑らかなリアエンドなど、全体をスポーティなフォルムに仕上げた。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=4090(+80)×1810(+65)×1300mm(カッコ内は先代比)。ホイールベースは30mm拡大された2430mmである。新型のボディは高張力鋼板を約4割に使用したほか、アルミ合金、マグネシウム合金を部分的に採用することで、強固かつ軽量に設計。先代に較べ、オープン時の曲げ合成が約20%、ねじれ剛性は約45%高いという。車重は90kg増しの1490kg(SLK350)。

SLKの目玉たる電動格納式ハードトップ「バリオルーフ」には、「SL」と同じリアウインドゥが回転する機構を採用。開閉時間を約22秒に短縮し、格納サイズを小さくすることで、オープン時のトランク容量を拡大した。ルーフを開けた際のトランク容量は、先代より大きい185リッター。キーレスエントリーから開閉できるようになったこともニュースである。

インテリアは、ステアリングホイールやセンタートンネルをブラック、ドアハンドルやスイッチ類にシルバーを使い、スポーティを演出。同時に、居住性やエアコン類を進化させ、快適性と両立したことが自慢である。とくにオープン時の快適性にこだわり、乗員の上を空気が流れるようシートを配したほか、首周りを暖めるヒーター「エアスカーフ」(SLK55AMGに標準)を新たに開発した。装備品として、VICS/ETC対応DVDナビゲーションシステムやオーディオがセットになった「マルチファンクションコントローラー」、左右独立調整式のフルオートエアコンなどが標準で備わる。

エンジンは、新開発の3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400〜5000rpm)と、AMGがチューンした5.5リッターV8SOHC(360ps/5750rpm、52.0kgm/4000rpm)の2種類。トランスミッションはいずれも、「S500」など5リッターV8モデルに採用された7段AT「7G-ギアトロニック」だ。レバーの左右、またはステアリングホイール上のスイッチ(SLK55AMGに標準)でシフト可能なマニュアルモードのほか、コンフォートとスポーツ、2つのオートモードを備える。

サスペンションは、フロントに3リンクと呼ばれるマクファーソンストラットを採用。リアはお得意のマルチリンク式である。パワーステアリングは、140km/hまで速度に応じてアシスト量を変化させる、パラメータステアリング。パーキングスピードでは、従来より50%も操作力が小さいという。

安全装備は、乗員側面を保護するSRSヘッドソラックスエアバッグや、横転時に乗員を保護する強化Aピラー&ロールバー、スピン防止デバイスESPを標準搭載する。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
ベンツのロードスター「メルセデスベンツSLK」がフルモデルチェンジの画像

「日本にSLKを導入することにより、メルセデスブランドをさらに強固なものにする」と息巻く、ダイムラークライスラー日本のハンス・テンペル社長。
 

	「日本にSLKを導入することにより、メルセデスブランドをさらに強固なものにする」と息巻く、ダイムラークライスラー日本のハンス・テンペル社長。
	 


 
ベンツのロードスター「メルセデスベンツSLK」がフルモデルチェンジの画像


 
ベンツのロードスター「メルセデスベンツSLK」がフルモデルチェンジの画像


 
ベンツのロードスター「メルセデスベンツSLK」がフルモデルチェンジの画像

連続可変式カムシャフト、2ステージインテークマニフォールドなどを採用した、新型3.5リッターV6エンジン。
 

	連続可変式カムシャフト、2ステージインテークマニフォールドなどを採用した、新型3.5リッターV6エンジン。
	 

SLK55AMGの0-100km/h加速は、たったの4.9秒。最高速度はリミッターにより250km/hに制限される。
 

	SLK55AMGの0-100km/h加速は、たったの4.9秒。最高速度はリミッターにより250km/hに制限される。
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツが「SL」に新しいフロントデザインを採用 2016.6.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが大幅改良を施した「SL」を発売。フロントまわりの意匠を変更したほか、V6モデルのエンジンを新世代の3リッターV6直噴ツインターボとした。また旋回時に車体をコーナーの内側にロールさせる「ダイナミックカーブ機能」を新採用した。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
ホームへ戻る