伝説の“白い怪鳥”を見る「シャパラル・ツアー」

2004.09.06 自動車ニュース

伝説の“白い怪鳥”を見る「シャパラル・ツアー」

1960年代、モーターレーシング界を疾風怒濤の如く駆け抜けたテキサスの“白い怪鳥”こと「シャパラル」の故郷を訪ねるツアーが企画された。
目玉は、創設者ジム・ホールを囲んでの食事会(!)。2004年11月7日からの3泊5日の旅で、参加費は29.8万円となる。

自動車関連の書籍やグッズを扱うミスタークラフトが企画した「シャパラル・ツアー」は、この夏、米テキサス州ミッドランドにできた「シャパラル・ミュージアム」や、数々の名レーシングカーを生み出したファクトリー、テストコース「ラトルスネーク」(=ガラガラヘビという意味)のバス走行などを盛り込んだ内容。ファウンダーでありドライバーでありエンジニアだったジム・ホールにも会えるという、マニア垂涎の企画である。

詳しくは、ミスタークラフト広報部(電話03-3461-4055)まで。

(webCG 有吉)

ミスタークラフト:
http://www.mrcraft.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。