5人乗りのスマート「フォーフォー」発表

2004.09.06 自動車ニュース
 

5人乗りのスマート「フォーフォー」発表

ダイムラークライスラーは、スマートブランドとして初の5人乗りコンパクトハッチ「フォーフォー」を、2004年9月6日に発表、同日販売を始めた。1.3リッターモデル「フォーフォー1.3」と1.5リッター「フォーフォー1.5」の2種類で、価格はそれぞれ184.8万円と228.9万円。



 

■一目でスマートとわかる

2人乗りのマイクロカーをリリースする「スマート」が、初の5人乗り5ドアモデル「フォーフォー」を発表した。ダイムラークライスラー傘下の三菱自動車が開発した「コルト」とプラットフォームを共用するコンパクトハッチである。
外観は、一目でスマートとわかるもの。ボディ&樹脂パネルによるツートーンカラー、小さな丸形4灯ヘッドランプなどが、「フォートゥー」の兄弟であることをうかがわせる。カラーバリエーションも豊富で、金属パネル「トリディオンセーフティセル」が3色、樹脂製ボディパネルは10色から選択可能だ。



 

インテリアは、スマートらしくスタイリッシュにデザイン。リアシートには、バックレストとドアパネルをつなぐ「ラウンジパッド」を装着して、リビングルームのような空間を演出したという。後席には、1:2分割可倒式のダブルフォールディング式を採用、リクライニングとスライド機構を備え、使い勝手に配慮した。



 

エンジンは、1.3リッターと1.5リッターの直列4気筒DOHC16バルブを搭載。ダイムラークライスラーが出資する独MDCパワーエンジン社でつくられ、ボア×ストローク、排気量がコルトとは異なる。1.3リッターが95ps/6000rpmと12.8kgm/4000rpm、1.5リッターは109ps/6000rpmと14.8kgm/4000rpmを発生。2ペダル式6段MT「ソフタッチプラス」を介して、前輪を駆動する。トランスミッションは、アイドリング時にギアが入っていると、ゆっくり動き出す「クロール機構」を備え、車庫入れなど、低速時の操作性を高めたという。



 

装備品は、AM/FMラジオ付きCDプレーヤー、セミオートエアコン、リモートコントロールセントラルロックなどが標準。安全装備として、4つのエアバッグやESPなどの安全装備を、全車標準で備える。

(webCGオオサワ)

スマート:
http://www.smart-j.com/

関連キーワード:
フォーフォースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • 「スマート・フォーフォー」生産中止へ、欧州版「コルト」は生産継続 2006.3.31 自動車ニュース ダイムラー・クライスラーは、苦戦しているスマート部門のスリム化の一環として、初の“2人乗り以上モデル”「スマート・フォーフォー」生産中止の意向を、2006年3月25日に表明。これを受けて、生産を担当した三菱自動車は、生産中止の協議を始めることで両社合意に至ったと3月30日に発表した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • スマートのラインナップに「BRABUSスポーツ」追加設定 2017.8.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月30日、スマートのモデルラインナップに「BRABUSスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。BRABUSスポーツは、スマートのターボ車をベースに、高性能バージョン「スマートBRABUS」デザインの内外装パーツを装着したモデルである。
ホームへ戻る