【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

2004.09.05 自動車ニュース
 
【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

2004年9月2日、神奈川県横浜市大さんばしホールにて、日産が今秋以降に発売する新型車6車種の発表会が行われた。発表会の模様と、6台の車両をムービーでご覧ください。


写真左上から右に「ムラーノ」「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「フーガ」「ラフェスタ」「ノート」。
 
【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

■いままでの常識を変える

東京以外で新車の発表会があることは珍しい。近代日本のスタート地となった、世界と日本をつなぐ横浜港を持つこの地を選んだ理由は、新しい日産がスタートすることをアピールしたい考えからだ。会場には中田宏横浜市長も駆けつけ、横浜での発表会を歓迎した。
今回は車両だけでなく、日産の今後の方針も明らかにされた。モーターショウなみの内容、演出とともに、日産カルロス・ゴーン社長の力強い演説があった。

日産のスローガンは「SHIFT(変革)」。ゴーン社長が「いままでの常識を変えること」と説明するそれは、会社の精神だけでなく、新型車でも具現される。「SHIFT_design(デザインの変革)」を表した、9月2日に発売された「ムラーノ」を筆頭に、その他5台が発表された。
・SHIFT_compact quality:ティーダ(9月末発売予定)
・SHIFT_performance:フーガ(10月予定)
・SHIFT_sedan standards:ティーダ・ラティオ(10月予定)
・SHIFT_open feeling:ラフェスタ(12月予定)
・SHIFT_compact flexibility:ノート(2005年1月予定)

ムラーノ以外は開発中につき、内装等の公開はなかったが、ほぼ完成型と思われる外観デザインをムービーで紹介する。

【“SHIFT”する6台】


(撮影/編集=カネヨシ)
 

関連キーワード:
ムラーノティーダティーダラティオフーガラフェスタノート日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る