【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

2004.09.05 自動車ニュース
 
【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

2004年9月2日、神奈川県横浜市大さんばしホールにて、日産が今秋以降に発売する新型車6車種の発表会が行われた。発表会の模様と、6台の車両をムービーでご覧ください。


写真左上から右に「ムラーノ」「ティーダ」「ティーダ・ラティオ」「フーガ」「ラフェスタ」「ノート」。
 
【Movie】日産、「ムラーノ」を含む新型車6台を発表

■いままでの常識を変える

東京以外で新車の発表会があることは珍しい。近代日本のスタート地となった、世界と日本をつなぐ横浜港を持つこの地を選んだ理由は、新しい日産がスタートすることをアピールしたい考えからだ。会場には中田宏横浜市長も駆けつけ、横浜での発表会を歓迎した。
今回は車両だけでなく、日産の今後の方針も明らかにされた。モーターショウなみの内容、演出とともに、日産カルロス・ゴーン社長の力強い演説があった。

日産のスローガンは「SHIFT(変革)」。ゴーン社長が「いままでの常識を変えること」と説明するそれは、会社の精神だけでなく、新型車でも具現される。「SHIFT_design(デザインの変革)」を表した、9月2日に発売された「ムラーノ」を筆頭に、その他5台が発表された。
・SHIFT_compact quality:ティーダ(9月末発売予定)
・SHIFT_performance:フーガ(10月予定)
・SHIFT_sedan standards:ティーダ・ラティオ(10月予定)
・SHIFT_open feeling:ラフェスタ(12月予定)
・SHIFT_compact flexibility:ノート(2005年1月予定)

ムラーノ以外は開発中につき、内装等の公開はなかったが、ほぼ完成型と思われる外観デザインをムービーで紹介する。

【“SHIFT”する6台】


(撮影/編集=カネヨシ)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムラーノの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る