【スペック】V50 2.4i:全長×全幅×全高=4515×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5 DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=414万7500円(テスト車=451万5000円/ベーシックパッケージ=36万7500円)

ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(後編)】

余裕のベーシック(後編) 2004.09.03 試乗記 ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)……372万7500円/451万5000円2種類のチューンを持つノンターボボルボ。140psのサルーンと、170psのエステートに乗った『webCG』コンテンツエディターのアオキは……。

ワゴンのアドバンテージ

“スウェディッシュ・ダイナミック・サルーン”をキャッチフレーズとする「ボルボS40」で、秋田県は男鹿半島を行くのは楽しいことだった。その楽しみは、クルマを運転することに特化するのではなく、木々や芝生の緑の向こうに日本海の波頭を見、フロントスクリーンのあなたの空の青さに喜ぶといった、余裕ある楽しみである。
テスト車「S40 2.4」に積まれる2.4リッター直5エンジンは140psのおとなしいチューンだが、フルスケールエンジンを回すような激しい走りをしないかぎり、動力性能はまったく十分。「ダブルCVVT」こと連続可変バルブタイミング機構を備えたフラットトルクな5気筒は、5段ATとのマッチングもいい。アイシン製オートマチックは、ギアトロニックと呼ばれるシーケンシャルシフト用ゲートを備えるが、「D」に入れたままで、まず不満はない。

ランチポイントで、「V50 2.4i」に乗り換えた。こちらのパワーソースは、同じ2.4リッターの排気量ながら、ピークパワー、最大トルクの発生回転数を上げ、170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpmのアウトプットを得る。
V50は、S40のリアセクションを45mm延ばしたワゴンである。“ニュー・スポーツ・エステート”を謳うが、先代「V40」より全体に丸みを帯び、むしろふくよかな感じだ。車名が40から50に格上げされただけのことはある。値段も底上げされた。
V50のベーシックモデル2.4は、372万7500円。2.4iは、42万円高の417万7500円となる。それでも、同じ価格帯のライバル、「アウディA4アバント」「BMW 3シリーズツーリング」「メルセデスベンツCクラスワゴン」より、1気筒多いエンジンを積むうえ、価格がリーズナブルというのがセールスポイントとなる。一番の競合相手、A4アバントに対しては、「ワゴンとしての使い勝手のよさがアドバンテージだ」と、ボルボのスタッフは主張する。

運転手を駆りたてない

V50の荷室は、417リッター(VDA)。座面も前に倒せるダブルフォールディング式を採るリアシートは6:4の分割可倒式で、最大1307リッターまでラゲッジスペースを拡大できる。助手席バックレストを倒せば3m超の長尺モノも搭載可……といったスペックもさることながら、シンプルな荷室形状、バンパーレベルまで開口部がとられたリアゲート、買い物袋といったちょっとした荷物を固定するのに便利な「グローサリーバッグ・ホルダー」など、たしかに日常の使い勝手はよさそうだ。V50のVは、Versatility(多用途性)のVである。

走り出せば、これはS40とキャラクターは変わらない。十分な情報を与えつつ、ことさらに運転手を駆りたてない素直なドライブフィール。おだやかなハンドリング。高速巡航では、フラットな乗り心地。2.4iの170psが実際に本領を発揮するのは5000rpmから上で、高速道路での追い越しは楽になるけれど、通常は“頼もしい潜在能力”としてボンネットの下にしまわれたままだ。

テスト車はオプションの「205/50R17」サイズのピレリP7を履いていた。このクルマの場合、ノーマルの「205/55R16」の方が合っているのではないか、と思う。ゴーマルタイヤだと、ハーシュのエッヂが丸まりきらない印象がある。路面によっては、細かい突き上げが気になることがある。
だから、V50 2.4iの場合、本革シートを選ぼうとすると、セットオプションで17インチになってしまうのは、すこし考えものだ。2.4iに用意されるセットオプション「ベーシックパッケージ」(36万7500円)には、17インチホイールほか、本革シート、助手席パワーシート、サンルーフ、キセノンヘッドランプが含まれる。



ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(後編)】
【スペック】
S40 2.4:全長×全幅×全高=4470×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5 DOHC20バルブ(140ps/5000rpm、22.4kgm/4000rpm)/価格=346万5000円(テスト車=372万7500円/レザーパッケージ=26万2500円)

ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(後編)】

ベストバイ

新型エステートV50は、都市部でも使いやすいボディサイズで、一目でボルボとわかり、そのうえジャーマン・プレミアムメーカーのモデル群より一段廉価だから、きっと人気が出るだろう。
ちなみに、S40 2.4の標準はスチールホイールだが、V50のボトムレンジ2.4はもとから16インチのアルミが付く。レザーシートにするための「レザーパッケージ」を選んでも、デザインは変わるが足もとは16インチのままだから、V50を購入するなら、個人的には2.4をお薦めする。

一方のS40は、別の意味でボルボ・カーズ・ジャパンから期待されるモデルだ。わが国では、「ボルボといえばワゴン」のイメージが強いけれど、裏を返せば、サルーンの販売を伸ばす余地が大きいということ。S40には、その期待に応える魅力がある。

S40、V50とも、“ダイナミック”“スポーティ”が強調されるボルボの新世代コンパクトだけれど、乗ると、依然として温厚な北欧のクルマである。特に140psの2.4は、ベーシックにして気持ちに余裕をもたせる。両シリーズのベストバイだと思う。

(文=webCGアオキ/写真=高橋信宏/2004年9月)

ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015651.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る