【スペック】V50 2.4i:全長×全幅×全高=4515×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5 DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=414万7500円(テスト車=451万5000円/ベーシックパッケージ=36万7500円)

ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(後編)】

余裕のベーシック(後編) 2004.09.03 試乗記 ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)……372万7500円/451万5000円2種類のチューンを持つノンターボボルボ。140psのサルーンと、170psのエステートに乗った『webCG』コンテンツエディターのアオキは……。

ワゴンのアドバンテージ

“スウェディッシュ・ダイナミック・サルーン”をキャッチフレーズとする「ボルボS40」で、秋田県は男鹿半島を行くのは楽しいことだった。その楽しみは、クルマを運転することに特化するのではなく、木々や芝生の緑の向こうに日本海の波頭を見、フロントスクリーンのあなたの空の青さに喜ぶといった、余裕ある楽しみである。
テスト車「S40 2.4」に積まれる2.4リッター直5エンジンは140psのおとなしいチューンだが、フルスケールエンジンを回すような激しい走りをしないかぎり、動力性能はまったく十分。「ダブルCVVT」こと連続可変バルブタイミング機構を備えたフラットトルクな5気筒は、5段ATとのマッチングもいい。アイシン製オートマチックは、ギアトロニックと呼ばれるシーケンシャルシフト用ゲートを備えるが、「D」に入れたままで、まず不満はない。

ランチポイントで、「V50 2.4i」に乗り換えた。こちらのパワーソースは、同じ2.4リッターの排気量ながら、ピークパワー、最大トルクの発生回転数を上げ、170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpmのアウトプットを得る。
V50は、S40のリアセクションを45mm延ばしたワゴンである。“ニュー・スポーツ・エステート”を謳うが、先代「V40」より全体に丸みを帯び、むしろふくよかな感じだ。車名が40から50に格上げされただけのことはある。値段も底上げされた。
V50のベーシックモデル2.4は、372万7500円。2.4iは、42万円高の417万7500円となる。それでも、同じ価格帯のライバル、「アウディA4アバント」「BMW 3シリーズツーリング」「メルセデスベンツCクラスワゴン」より、1気筒多いエンジンを積むうえ、価格がリーズナブルというのがセールスポイントとなる。一番の競合相手、A4アバントに対しては、「ワゴンとしての使い勝手のよさがアドバンテージだ」と、ボルボのスタッフは主張する。

運転手を駆りたてない

V50の荷室は、417リッター(VDA)。座面も前に倒せるダブルフォールディング式を採るリアシートは6:4の分割可倒式で、最大1307リッターまでラゲッジスペースを拡大できる。助手席バックレストを倒せば3m超の長尺モノも搭載可……といったスペックもさることながら、シンプルな荷室形状、バンパーレベルまで開口部がとられたリアゲート、買い物袋といったちょっとした荷物を固定するのに便利な「グローサリーバッグ・ホルダー」など、たしかに日常の使い勝手はよさそうだ。V50のVは、Versatility(多用途性)のVである。

走り出せば、これはS40とキャラクターは変わらない。十分な情報を与えつつ、ことさらに運転手を駆りたてない素直なドライブフィール。おだやかなハンドリング。高速巡航では、フラットな乗り心地。2.4iの170psが実際に本領を発揮するのは5000rpmから上で、高速道路での追い越しは楽になるけれど、通常は“頼もしい潜在能力”としてボンネットの下にしまわれたままだ。

テスト車はオプションの「205/50R17」サイズのピレリP7を履いていた。このクルマの場合、ノーマルの「205/55R16」の方が合っているのではないか、と思う。ゴーマルタイヤだと、ハーシュのエッヂが丸まりきらない印象がある。路面によっては、細かい突き上げが気になることがある。
だから、V50 2.4iの場合、本革シートを選ぼうとすると、セットオプションで17インチになってしまうのは、すこし考えものだ。2.4iに用意されるセットオプション「ベーシックパッケージ」(36万7500円)には、17インチホイールほか、本革シート、助手席パワーシート、サンルーフ、キセノンヘッドランプが含まれる。



ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(後編)】
【スペック】
S40 2.4:全長×全幅×全高=4470×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5 DOHC20バルブ(140ps/5000rpm、22.4kgm/4000rpm)/価格=346万5000円(テスト車=372万7500円/レザーパッケージ=26万2500円)

ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(後編)】

ベストバイ

新型エステートV50は、都市部でも使いやすいボディサイズで、一目でボルボとわかり、そのうえジャーマン・プレミアムメーカーのモデル群より一段廉価だから、きっと人気が出るだろう。
ちなみに、S40 2.4の標準はスチールホイールだが、V50のボトムレンジ2.4はもとから16インチのアルミが付く。レザーシートにするための「レザーパッケージ」を選んでも、デザインは変わるが足もとは16インチのままだから、V50を購入するなら、個人的には2.4をお薦めする。

一方のS40は、別の意味でボルボ・カーズ・ジャパンから期待されるモデルだ。わが国では、「ボルボといえばワゴン」のイメージが強いけれど、裏を返せば、サルーンの販売を伸ばす余地が大きいということ。S40には、その期待に応える魅力がある。

S40、V50とも、“ダイナミック”“スポーティ”が強調されるボルボの新世代コンパクトだけれど、乗ると、依然として温厚な北欧のクルマである。特に140psの2.4は、ベーシックにして気持ちに余裕をもたせる。両シリーズのベストバイだと思う。

(文=webCGアオキ/写真=高橋信宏/2004年9月)

ボルボS40 2.4/V50 2.4i (5AT/5AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015651.html

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る