フェラーリ、パリサロンに次世代V8モデル「F430」を出展

2004.09.02 自動車ニュース
 

フェラーリ、パリサロンに次世代V8モデル「F430」を出展

フェラーリは、「360モデナ」の後継となる新しいV8モデル「F430」を、2004年のパリサロン(9月23日-10月10日)に出展する。



 

「フェラーリF430」は、「360モデナ」の後を継ぐニューモデル。エアロダイナミクスを採り入れたボディ、進化したクラッチレスMT「F1トランスミッション」など、F1で培った技術を反映してつくられたという。
ボディサイズは全長が先代比で約20mm長く、全長×全幅×全高=4512×1923×1214mm、ホイールベース=2600mm。360モデナと同様アルミ製で、車重はF1トランスミッション仕様の360モデナと同じ、1450kgにすぎない。

モデナの3.6リッターから4.3リッターに拡大されたパワーユニットは、ボア×ストローク=92×81mm、圧縮比11.3:1と、フェラーリらしい高回転型。490ps/8500rpmの最高出力と、47.4kgm/5250rpmの最大トルクを発生する。

“F1のフェラーリ”を体現するF1トランスミッションのシフトタイミングは、0.15秒に短縮。カーボンセラミックコンポジットディスクブレーキなど、「エンツォ・フェラーリ」や「チャレンジ・ストラダーレ」に採用した技術を盛り込んだ。0-100km/h加速はチャレンジ・ストラダーレを0.1秒上回る4秒フラット、最高速度は315km/hに達するという。

(webCGオオサワ)

フェラーリ(伊):
http://www.ferrari.it/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

F430の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る