日産、小型車向けの新しい4気筒エンジン&CVTを発表

2004.09.01 自動車ニュース
 

日産、小型車向けの新しい4気筒エンジン&CVTを発表

日産自動車は、小型車向けの4気筒エンジンとCVT(無段変速機)を新開発し、2004年8月31日に発表した。


「HR15DE型」(写真上)と「MR20DE型」(下)、新しい2つのパワーユニット。いずれも、「エクストロニックCVT」と組み合わせた状態。
シリンダー・ボア形状を滑らかにする「真円ボア」加工技術の採用、クランクシャフト、カムシャフト軸受けを鏡面仕上げとするなどし、フリクションを低減。軽量化も施され、HR15DEは先代「QG15DE」より3割軽いという。
 

今回発表されたのは、エンジンが1.5リッター直4「HR15DE型」と、2リッター直4「MR20DE型」。販売台数の多い小型車が搭載するユニットで、日産と提携関係にあるルノーが、世界戦略エンジンとして共同開発した。
CVTは、それらに組み合わせる、日産ジマンのベルト式「エクストロニック」である。

エンジンは、いずれもフリクション低減や熱効率を高めることで、従来の同クラスに比べて、低速トルクを5〜10%アップ。回転をあげるにつれ、滑らかにトルクが立ち上がる特性とし、日常での使い勝手や加速感を向上させたものという。

一方のCVTは、主に制御系を見直すことで、変速時のレスポンスを向上。新しいエンジンと合わせて、普段の運転における加速性、低燃費の実現を謳う。

新しいパワートレインは、1.5リッターを、今秋発表が予定されるニューコンパクトカー「TIIDA(ティーダ)」に搭載。2リッターは、「リバティ」の後継と目される、新型ミニバンに採用される。また将来的にはルノー車にも搭載されるという。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

関連キーワード:
ティーダ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース