【スペック】全長×全幅×全高=4715×1815×1400mm/ホイールベース=2665mm/車重=1660kg/駆動方式=FF/2.3リッター直5 DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(245ps/5400rpm、33.7kgm/2400-5100rpm)/価格=577.5万円(テスト車=同じ)

ボルボC70 T-5 Classic(5AT)【試乗記】

急がない245馬力 2004.08.31 試乗記 ボルボC70 T-5 Classic(5AT)……577.5万円1996年にデビューし、2001年から日本に導入されたボルボのオープン4シーターが、パワーアップして登場。高圧ターボを積む「C70 T-5 Classic」はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。
240psのパワーを誇るのみならず、平成12年基準値25%低減レベル「良-低移出ガス」認定を受けた2.3リッターターボ。

240psのパワーを誇るのみならず、平成12年基準値25%低減レベル「良-低移出ガス」認定を受けた2.3リッターターボ。


ボルボC70 T-5 Classic(5AT)【試乗記】の画像


ボルボC70 T-5 Classic(5AT)【試乗記】の画像

優雅なサイドビュー

台風一過、土佐の空は晴れわたり、カブリオレの、ホワイトパールのボディが輝いている。足ともの、ポリッシュされたホイールが光っている。ボルボのフル4シーターオープン「C70 T-5 Classic」のプレス試乗会に来ている。

C70 T-5 Classicは、“クラシック”のサブネームからわかるように、2001年にクーペと入れ替わるカタチで日本に導入された「C70カブリオレ」の(ほぼ)最終バージョンである。2004年7月15日に販売が開始された。
エンジンが、これまでの2.4リッター“ライトプレッシャー”ターボ(200ps)から、245psを発生する強心臓2.3リッター“ハイプレッシャー”ターボに替えられ、外観上では、「Otrera(オートレラ)」と呼ばれるデザインの17インチホイールが採用されたのが新しい。価格は、577.5万円。昨2003年に出た特別仕様車「ホワイトパール・スペシャルエディション」が545.0万円だったから、約30万円が、45psアップの代価ということになろうか。

幌の開閉は、センターコンソールのスイッチひとつで行える。ソフトトップは、後席の後ろにキレイに収まるので、リアに向かってなだらかに駆け上がるショルダーラインの邪魔をしない。クラシカルで、優雅なサイドビューだ。
「自分を演出する」要素が強いオープンモデルらしく、C70は、受注生産で好みのカラーにコーディネートできる。9色のボディカラー、5種類の内装と2種類のインテリアパネル、そして3色のソフトトップから自由に選べる。ちなみに、「スカイブルーパール」が、専用のボディカラーである。

P1900スポーツ
(写真=ボルボカーズジャパン)

P1900スポーツ(写真=ボルボカーズジャパン)
(写真=ボルボカーズジャパン)

(写真=ボルボカーズジャパン)
ボディの構造材としても機能するホロ収納部のため、天地が狭いラゲッジルーム。それでも、700×480×200mmのサイズの旅行用トランクを搭載できる。

ボディの構造材としても機能するホロ収納部のため、天地が狭いラゲッジルーム。それでも、700×480×200mmのサイズの旅行用トランクを搭載できる。

C70の安全性

C70のいいところは、抜群の開放感が得られること。前後のサイドウィンドウをおろせば、オープンンエアを満喫できる。目障りなロールバーもない。

エレガントなC70のデビューは1996年。屋根が開くボルボとしては、FRPボディのオープン2シーター「P1900スポーツ」(1956年)以来、ずいぶん長いブランクがあったが、それは「ボルボにふさわしい安全性を確保できる目処がつかなかったから」と、ボルボは説明する。
C70は横転時に備え、強化されたAピラー、ウィンドスクリーン・フレームに加え、車両が40度以上傾いた場合に0.2秒で飛び出すU字型プロテクションバーが、リアシートの後ろに仕組まれる。
また、折り畳まれたソフトトップを収納する馬蹄形のボックスは補強構造として機能し、たとえば後方からの衝突に備える。「ちょっと荷室が狭くなるんですけどね」とボルボのスタッフは苦笑するが、それでもゴルフバッグ1から2セット、旅行用トランクを搭載することができるという。

取材班の撮影機材とスタッフの鞄を、上下が狭いラゲッジルームに入れ、基点となったホテルを出発する。カメラマンの峰さんが後席に座る。
−−どうですか?
「いいんじゃないですか」
−−なにが?
「オープンカーの後ろは楽しいじゃないですか」 
そうですか。
C70のリアシートは、ソフトトップを開閉する仕組みが左右に設けられるため、横幅が通常よりやや狭まるが、大人2人用としては十分だ。頭上には、無限のヘッドクリアランスが取られる。オープンにした場合。

写真をクリックするとホロの開閉が見られます。



性能強化

ボルボに限らず、世のオープンモデルは、その華やかさとは裏腹に、あまり数が出るものではない。だから、どうしてもライフスパンが長くなりがちで、まわりのモデルがモデルチェンジするにしたがい、機関面では少々古くなる。
先代「V70」のシャシーを活用したC70も例外ではなく、日本仕様がいかな高圧ターボを得たからといって、本当の意味でのハイパフォーマンスを手にしたわけではない。品のいい外観に似合わずうねり声を上げがちな5気筒ターボに鞭を入れれば、たしかにC70は、ご婦人がスカートをたくし上げてセール会場に突進するがごとく、勢いよく加速する。が、もちろん、それははしたないことである。

青い海。セミの声。そよぐ風。そんなものを満喫しながら、ゆったり走るのが、人生を楽しむコツ……ってなことが、わかっているヒトのためのクルマである。ハードコーナリングで「ボディがわななく」とか、「アシがシャキっとしないので、上屋がぶかついて感じる」なんてことは、C70オーナーの興味の外だろう。「225/45R17」というスポーティなサイズのピレリP6000は、ルックス面への性能強化が求められている。

リアシートの背もたれには、9インチのツインサブウーハーが搭載される。
(写真=ボルボカーズジャパン)

インストゥルメントパネル中央に2.5インチのセンタースピーカーを設置。ステレオ2チャンネルの音源を、前方3、後方1チャンネル、それにウーハーを加え、4.1チャンネルのサラウンド再生を可能とした。
(写真=ボルボカーズジャパン)

45psの余裕

最初の撮影をしているうちに、陽が高くなってきた。3層構造のしっかりしたつくりのソフトトップを上げれば、前後席とも、普通の4シーターモデルと変わらぬ居住性が確保される。

後席の乗員が不当に快適性を奪われるとしたら、それは空間の問題ではなく、背中をくすぐる“音”のせいだ。C70には、クルマの開発段階からプレミアムなオーディオシステムの搭載が考慮されており、リアシートの背もたれには、9インチのツインサブウーハーが埋め込まれる。10コのスピーカーは、デンマークの名門DYNAUDIO製。4.1チャンネルの「ドルビーサラウンド・プロロジックシステム」によって、音場のスウィートスポットが広いのがジマンだ。
リアのサブウーハーをキャンセルし、CDを聴きながら、さて、やまなみハイウェイに行こうか、桂浜を目指そうか。室戸岬に行くのもいいかもしれない。45psの強化分は余裕にまわし、ボルボC70 T-5 Classicで急がないで行く。

(文=webCGアオキ/写真=峰昌宏/2004年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。