「プジョー206SW」にレザー&オーディオな限定車

2004.08.31 自動車ニュース

「プジョー206SW」にレザー&オーディオな限定車

プジョージャポンは、日本における人気車種「206」のワゴン「206SW」に、レザーインテリアなどを与えた限定車「セリースペシャル」を設定、2004年9月3日に発売する。販売台数は300台。

「206SW XS」(1.6リッター+4AT)をベースに、ブラック&レッドの2トーンコンビネーションか、ブラック単色の2種類のレザーインテリア、JBLと共同開発したというリア大型サブウーファーを含む9スピーカーシステムと240Wハイパワーメインアンプ、CDプレーヤーを盛り込んだ内容だ。

ボディカラーは、ホットハッチ「206RC」にもある「オブシディアン・ブラック」「アデン・レッド」「エーゲ・ブルー」「ビアンカ・ホワイト」の全4色となる。

価格は、特別装備品約21万円相当のエクストラを14万7000円に抑えた、238万3500円。

(webCG 有吉)

プジョージャポン「206SW」:
http://www.peugeot.co.jp/cars/showroom/206/sw/

 
「プジョー206SW」にレザー&オーディオな限定車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る