「プジョー206SW」にレザー&オーディオな限定車

2004.08.31 自動車ニュース

「プジョー206SW」にレザー&オーディオな限定車

プジョージャポンは、日本における人気車種「206」のワゴン「206SW」に、レザーインテリアなどを与えた限定車「セリースペシャル」を設定、2004年9月3日に発売する。販売台数は300台。

「206SW XS」(1.6リッター+4AT)をベースに、ブラック&レッドの2トーンコンビネーションか、ブラック単色の2種類のレザーインテリア、JBLと共同開発したというリア大型サブウーファーを含む9スピーカーシステムと240Wハイパワーメインアンプ、CDプレーヤーを盛り込んだ内容だ。

ボディカラーは、ホットハッチ「206RC」にもある「オブシディアン・ブラック」「アデン・レッド」「エーゲ・ブルー」「ビアンカ・ホワイト」の全4色となる。

価格は、特別装備品約21万円相当のエクストラを14万7000円に抑えた、238万3500円。

(webCG 有吉)

プジョージャポン「206SW」:
http://www.peugeot.co.jp/cars/showroom/206/sw/

 
「プジョー206SW」にレザー&オーディオな限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る