第157回:発見!MINIがファッショナブルな理由 ボスはカルバン・クライン担当だった!

2004.08.31 エッセイ

第157回:発見!MINIがファッショナブルな理由 ボスはカルバン・クライン担当だった!

MINIブランド&プロダクト・ストラテジーのゼネラルマネージャー、Hildegard Wortmannさん。
MINIブランド&プロダクト・ストラテジーのゼネラルマネージャー、Hildegard Wortmannさん。
 
第157回:発見!MINIがファッショナブルな理由 ボスはカルバン・クライン担当だった!の画像

■MINIのキーパーソン!?

いやー、発見発見大発見! 個人的に大満足でした。今回の「MINIクーパーコンバーチブル」海外試乗会。あのジダン様が生まれたマルセイユの、なんともいえない歴史ある港町具合もよかったけど、個人的にすんげぇ勉強になったのだ。MINIって前々から、なんか違うなぁって感じてたのね。クラシックさとモダンさが絶妙にないまぜにされたデザインもそうだし、広告戦略もシャレてるよね。「MINI STYLE」などのイカしたキャッチコピーとか、映画のワンシーンみたいなポスターとかさ。

でね。今回のコンバーチブルのプレゼンテーションに、気になる人がいたのよ。なんとも頭のよさそうな、キャリアありそうな女性が。その名も Ms.Hildegard Wortmann。今まで海外試乗会に出てくる現地スタッフって、ハッキリいって白人男性しかいなかったけど、どっこい MINIは違う。ウォルトマンさんがヤケに沢山出てくる。
こりゃニューMINI開発の重要なキーマン(キーウーマン?)か? と思ったらピンポーン! マーケティング・コミニュケーション、ブランド&プロダクト・ストラテジーのゼネラルマネージャーだったのだ。俺のカンもまんざら捨てたモンじゃないよね。
インタビューを試みたところ快諾。ウォルトマン女史は語ってくれた。

 
第157回:発見!MINIがファッショナブルな理由 ボスはカルバン・クライン担当だった!の画像
MINIの広告のひとつ。
MINIの広告のひとつ。

■クルマも靴も同じ

小沢:前々から思ってましたけど、MINIってファッショナブルですよね。製品だけでなく。
ウォルトマン:その通りです。MINIは売り方だとか、プレミアム性、ブランド力を凄く大切にしてますから。
小沢:どうしてなんでしょう。
ウォルトマン:MINIはヨーロッパでは、イギリスの伝統的なイメージが強いですけど、アメリカなどでは元々有名じゃないですから、新たにブランドを再構築しなければいけませんでした。それでいて古いイメージも捨ててはいけないし、ブランドイメージにはかなり気を使いましたね。
小沢:結果は成功してますね。
ウォルトマン:ありがとうございます。日本でも東京の六本木にショールームができて、ルイ・ヴィトンが隣にあったりするんですよ。
小沢:そこでクルマは沢山売れてる?
ウォルトマン:いいえ(笑)。そう簡単に売れるようなものではありませんが、そこではクルマが売れるだけでなくてもいいと考えてます。アイテムを売るつもりなんです。
小沢:へぇー、そりゃ画期的だわ。
ウォルトマン:MINIはクルマ自体のクオリティはもちろん、プレミアム性も高い。それとは別にブランド力も強い。これを2本の柱にしていくつもりなんです。
小沢:具体的には。
ウォルトマン:今回も発表したのですが、一流のファッションブランドと組んで、MINIブランドの製品を順次発売していきます。マンダリーナ・ダックのバックとか、De Rigoのサングラスとか。

 
第157回:発見!MINIがファッショナブルな理由 ボスはカルバン・クライン担当だった!の画像
 
第157回:発見!MINIがファッショナブルな理由 ボスはカルバン・クライン担当だった!の画像

小沢:ところで、ウォルトマンさんは最初からBMWのスタッフなんですか?
ウォルトマン:いいえ(笑)。BMWに入ったのは6年前で、その前はユニリーバという会社でブランド・ストラテジーの仕事をしていました。前の担当はカルバン・クラインだったんです。
小沢:えっ! カルバン・クライン……。あの日本でもパンツのロゴとか見せるの流行りましたけど、あんなことやってたんですねぇ。クルマ業界に、今までではありえませんでしたよ。
ウォルトマン:正確には知りませんが、おそらく、私のような立場の人間がマネージャーになることはなかったと思います。
小沢:MINIならでは、ですよねぇ。ところでクルマをファッション化する上での難しさってなんですか。今までと勝手が違いますよね。
ウォルトマン:特に問題はありませんでした。対象が“プレミアム”だったら、香水でも靴でも自動車でも関係ないんです。戦略は同じですから。
小沢:クルマも靴も戦略は同じ?
ウォルトマン:あえていうと、BMWのインターンの構造とあわせるのが難しかったかもしれません。BMWには独自のブランドのカルチャーがありますから、その中にまったく別の文化を持つMINIチームを作る必要がありました。
小沢:BMWのマネージャーで他に女性っていないと思うんですけど、単純にクルマメーカーって男性社会でやりにくくないですか。
ウォルトマン:それはノーコメントにしてください(笑)。

うーむ、興味深いインタビューでありました。ウォルトマンさん。ドイツ出身の方でその後アメリカに渡り、ファッション業界でキャリアアップをしてきたらしい。特にカルバン・クライン担当って凄いよね。おそらくウォルトマンさんがやっていた時代、日本でも爆発的にブレイクしたはずだから。ハッキリ言ってファッション業界の必殺仕事請負人! とお見受けしました。彼女がいたからこそ、今のMINIのファッショナブルさはあるのかも。今後、日本に来られるようだし、お会いできたらまたご報告しますね。
じゃ、アデュー!

(文と写真=小沢コージ/2004年9月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
ホームへ戻る