「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

2004.08.30 自動車ニュース

「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

ダイムラークライスラー日本は、2座のスポーティカー「クロスファイア」に、オープンモデル「クロスファイアロードスター」を追加設定。2004年9月4日に発売する。デリバリー開始は10月上旬の予定。

「クロスファイア」は、先代「メルセデスベンツSLK」をベースに、クライスラーの手になるアメリカンデザインを与えた2座スポーティカー。2003年末のクーペから8ヶ月を経て、オープンモデル「クロスファイアロードスター」が日本に上陸する。

エンジンやプラットフォームなど、車両の基本はクーペと同じ。3.2リッターV6 SOHC(218ps、31.6kgm)に、5段ATを組み合わせたモノグレード設定で、価格はクーペの26万2500円高、540万7500円となる。

最大の特徴は、クーペのデザインを踏襲したというソフトトップである。電動開閉式で、ロックを外し、センターコンソールのスイッチを押せば、約22秒で開閉する。横転時の安全性を高めるロールバーはサテンシルバーで塗装し、エクステリアとコーディネートした。

オープンモデルらしく、デザインにもこだわったという。ロードスター専用のボディ色として、「クラシックイエロー」を設定。インテリアカラーに「ダークストレートグレー&バニラ」のツートーンを組み合わせ、明るい雰囲気を演出したという。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

 
「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.6.29 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    クライスラーのデザインとメルセデスのコンポーネンツが合体したスポーツカー「クロスファイア」。そのオープンモデルに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が、フランスで乗った。


  • クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】 2003.4.2 試乗記 クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)

    クライスラーのニューモデル「クロスファイア」は、メルセデスベンツのコンポーネントを39%使い、ドイツで生産される欧米合作モデル。自動車ジャーナリストの森口将之が、カリフォルニア州サンディエゴで開かれた国際プレス試乗会に参加した。


  • アストンの「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに2つのニューモデル登場
    2017.8.16 自動車ニュース 英アストンマーティンが、「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズのニューモデルである「スピードスター」「シューティングブレーク」の生産を発表した。生産台数は、前者が28台、後者が99台となっている。
ホームへ戻る