「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

2004.08.30 自動車ニュース

「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

ダイムラークライスラー日本は、2座のスポーティカー「クロスファイア」に、オープンモデル「クロスファイアロードスター」を追加設定。2004年9月4日に発売する。デリバリー開始は10月上旬の予定。

「クロスファイア」は、先代「メルセデスベンツSLK」をベースに、クライスラーの手になるアメリカンデザインを与えた2座スポーティカー。2003年末のクーペから8ヶ月を経て、オープンモデル「クロスファイアロードスター」が日本に上陸する。

エンジンやプラットフォームなど、車両の基本はクーペと同じ。3.2リッターV6 SOHC(218ps、31.6kgm)に、5段ATを組み合わせたモノグレード設定で、価格はクーペの26万2500円高、540万7500円となる。

最大の特徴は、クーペのデザインを踏襲したというソフトトップである。電動開閉式で、ロックを外し、センターコンソールのスイッチを押せば、約22秒で開閉する。横転時の安全性を高めるロールバーはサテンシルバーで塗装し、エクステリアとコーディネートした。

オープンモデルらしく、デザインにもこだわったという。ロードスター専用のボディ色として、「クラシックイエロー」を設定。インテリアカラーに「ダークストレートグレー&バニラ」のツートーンを組み合わせ、明るい雰囲気を演出したという。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

 
「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場の画像

関連キーワード:
クロスファイアロードスタークライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.6.29 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    クライスラーのデザインとメルセデスのコンポーネンツが合体したスポーツカー「クロスファイア」。そのオープンモデルに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が、フランスで乗った。


  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.14 試乗記 「ジャガーFタイプ」に新たに加わった、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルに試乗。従来のマルチシリンダーモデルとのドライブフィールの違いを確かめるとともに、スポーツカーのパワーユニットのあり方について考えた。
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
ホームへ戻る