「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

2004.08.30 自動車ニュース

「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

ダイムラークライスラー日本は、2座のスポーティカー「クロスファイア」に、オープンモデル「クロスファイアロードスター」を追加設定。2004年9月4日に発売する。デリバリー開始は10月上旬の予定。

「クロスファイア」は、先代「メルセデスベンツSLK」をベースに、クライスラーの手になるアメリカンデザインを与えた2座スポーティカー。2003年末のクーペから8ヶ月を経て、オープンモデル「クロスファイアロードスター」が日本に上陸する。

エンジンやプラットフォームなど、車両の基本はクーペと同じ。3.2リッターV6 SOHC(218ps、31.6kgm)に、5段ATを組み合わせたモノグレード設定で、価格はクーペの26万2500円高、540万7500円となる。

最大の特徴は、クーペのデザインを踏襲したというソフトトップである。電動開閉式で、ロックを外し、センターコンソールのスイッチを押せば、約22秒で開閉する。横転時の安全性を高めるロールバーはサテンシルバーで塗装し、エクステリアとコーディネートした。

オープンモデルらしく、デザインにもこだわったという。ロードスター専用のボディ色として、「クラシックイエロー」を設定。インテリアカラーに「ダークストレートグレー&バニラ」のツートーンを組み合わせ、明るい雰囲気を演出したという。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

 
「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.9.9 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    ダイムラーとクライスラーの血を受けた「クロスファイア」にオープンモデルが追加され、日本でも2004年9月4日に発売された。一足先に海外で試乗した、自動車ジャーナリストの森口将之は、なにを思ったか?


  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る