「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

2004.08.30 自動車ニュース

「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場

ダイムラークライスラー日本は、2座のスポーティカー「クロスファイア」に、オープンモデル「クロスファイアロードスター」を追加設定。2004年9月4日に発売する。デリバリー開始は10月上旬の予定。

「クロスファイア」は、先代「メルセデスベンツSLK」をベースに、クライスラーの手になるアメリカンデザインを与えた2座スポーティカー。2003年末のクーペから8ヶ月を経て、オープンモデル「クロスファイアロードスター」が日本に上陸する。

エンジンやプラットフォームなど、車両の基本はクーペと同じ。3.2リッターV6 SOHC(218ps、31.6kgm)に、5段ATを組み合わせたモノグレード設定で、価格はクーペの26万2500円高、540万7500円となる。

最大の特徴は、クーペのデザインを踏襲したというソフトトップである。電動開閉式で、ロックを外し、センターコンソールのスイッチを押せば、約22秒で開閉する。横転時の安全性を高めるロールバーはサテンシルバーで塗装し、エクステリアとコーディネートした。

オープンモデルらしく、デザインにもこだわったという。ロードスター専用のボディ色として、「クラシックイエロー」を設定。インテリアカラーに「ダークストレートグレー&バニラ」のツートーンを組み合わせ、明るい雰囲気を演出したという。

(webCGオオサワ)

クライスラー:
http://www.chrysler-japan.com/

 
「クライスラー・クロスファイア」にオープンモデル登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【試乗記】 2005.1.24 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)
    ……540万7500円

    クライスラーとメルセデスの合作オープン2シーター「クロスファイアロードスター」。「メルセデスベンツSLK」が新世代となる中、先代「SLK」のコンポーネンツを使ったこのクルマの走りはどうなのか? webCG本諏訪裕幸が乗った。


  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • 第143回:「クライスラーPTクルーザーカブリオ」郷に入れば郷に従えの心理(!?) 2004.6.30 エッセイ 「クライスラーPTクルーザーカブリオ」に乗ってきました。正直、あんまり期待してなかったんですけどね。なぜって俺はPTクルーザーがあまり好きじゃないから。
  • クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】 2003.4.2 試乗記 クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)

    クライスラーのニューモデル「クロスファイア」は、メルセデスベンツのコンポーネントを39%使い、ドイツで生産される欧米合作モデル。自動車ジャーナリストの森口将之が、カリフォルニア州サンディエゴで開かれた国際プレス試乗会に参加した。


  • クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)【海外試乗記】 2003.4.16 試乗記 クライスラー・クロスファイア(6MT/5AT)

    ドイツはカルマン社で製造されるジャーマンアメリカンたる「クライスラー・クロスファイア」。「メルセデスベンツSLK」のコンポーネンツを活用した2シータークーペに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


ホームへ戻る