IRL第13戦ナザレス、ウェルドン3勝目、AGRがトップ3独占

2004.08.30 自動車ニュース

IRL第13戦ナザレス、ウェルドン3勝目、AGRがトップ3独占

IRLインディカーシリーズ第13戦決勝が、2004年8月29日、米ペンシルバニア州のナザレス・スピードウェイ(1マイルオーヴァル/約1.6km)を225周して行われた。今年のツインリンクもてぎで初優勝を遂げたダン・ウェルドンが、第6戦に次ぐ3勝目をマークした。

2位トニー・カナーン、3位ダリオ・フランキッティと、アンドレッティ・グリーン・レーシング(AGR)が、チームにとっての100戦目の記念レースでトップ3を独占した。

チームオーナーのマイケル・アンドレッティのホームタウン、ナザレスのショートオーヴァルは、間もなく閉鎖されることが決まっており、アンドレッティにとっては格別な結果となったようだ。

松浦孝亮は右フロントブレーキのトラブルで115周リタイア。高木虎之介は、ここ数戦悩まされているひどいオーバーステアに苦しみ、6周遅れの17位だった。

シーズンも残るは3戦。チャンピオンシップは、トップのカナーン(503点)、2位ウェルドン(431点)、3位バディ・ライス(427点)という戦況で、カナーンがジリジリとタイトルに近づいている。

次戦決勝は、9月12日、シカゴランド・スピードウェイの1.5マイルトラックで行われる。

(webCG 有吉)

 
IRL第13戦ナザレス、ウェルドン3勝目、AGRがトップ3独占の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。