「日産キューブ」シリーズにキビキビアクティブな新車種

2004.08.30 自動車ニュース
 

「日産キューブ」シリーズにキビキビアクティブな新車種

日産自動車は、「キューブ」およびその7人乗り仕様「キューブキュービック」に、新グレード「Agiactive(アジャクティブ)」を追加設定、2004年8月23日に発売した。

 

AGILE(キビキビ)+ACTIVE(活動的)=Agiactive(アジャクティブ)、という新グレード。「SX」をベースに、専用フロントバンパー&グリル、専用サイドシルプロテクター、15インチタイヤ&アルミロードホイール、フロントフォグランプでお化粧し、インテリアを専用カーボンブラック内装でキメた内容だ。

価格は、キューブが140万4900円(FF/4AT)、145万5300円(FF/CVT)、159万3900円(4WD/4AT)。キューブキュービックはFFのみで、156万2400円(4AT)と161万2800円(CVT)。

なお、これにあわせ、「プラズマクラスターイオンエアコン」が全車にオプション設定された(Limitedシリーズには既に標準装備)。

(webCG 有吉)

 

日産自動車「キューブ」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/
同「キューブキュービック」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/CUBIC/

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る