「日産エルグランド」、マイナーチェンジ

2004.08.27 自動車ニュース
 

「日産エルグランド」、マイナーチェンジ

日産自動車は、大型ミニバン「エルグランド」をマイナーチェンジ。内外装変更や装備の充実化を図るなどして、2004年8月25日に発売した。


写真は、いずれも「ハイウェイスター」
 

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやヘッドランプ、前後バンパー形状などを変更し、「風格と力強さを」(プレスリリース)表現。さらに7色のボディカラーのうち、5色を新色とした。
インテリアは、木目調パネル、メッキ処理したスイッチ類を採用し、高級感をアップ。フロントシートは従来より48mm後退し、ドライビングポジションの向上を図った。
装備面では、ターンランプ内蔵ドアミラーを標準装備したほか、BOSEサラウンドシステムや、荷室からサードシートを跳ね上げられるようにするなどして、利便性をあげた。むち打ちを軽減するアクティブヘッドレストを全車に標準装備するなど、安全装備も充実させた。

ベーシックグレード「V」が落とされ、ラインナップは「VG」「X」「XL」「ハイウェイスター」の4種類。一方、2004年末、2.5リッターV6エンジン搭載モデルをリリースする予定で、ライバルたる「トヨタ・アルファード」の2.4リッターモデルに対抗する構えだ。価格は、「VG」(FR)の315.0万円から、「ハイウェイスター」(4WD)の369.6万円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車「エルグランド」:
http://www.nissan.co.jp/ELGRAND/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • 第431回:「NV350キャラバン」の荷室には夢が一杯!
    メディア対抗カート大会にwebCGチームが参戦
    2017.8.11 エディターから一言 「日産NV350キャラバン」のマイナーチェンジを記念して(?)開催されたメディア対抗カート大会に、webCGチームが参戦。レインコンディションで行われた、熱いバトルの様子をリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る