「MINI」シリーズ、マイナーチェンジ

2004.08.27 自動車ニュース

「MINI」シリーズ、マイナーチェンジ

BMWジャパンは、「MINI」シリーズをマイナーチェンジ。あわせて価格を改定し、2004年9月11日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、外観の小変更に加え、トランスミッションが新型に換装された。「One」と「Cooper」にはクロスレシオの5段MT、スーパーチャージャーを積む「CooperS」には新しい6段MTが付与された。さらにスーパーチャージャーを変更してパワーアップを図った。

One、Cooperのエクステリアは、前後バンパーを新デザインに変更。CooperSにはキセノンヘッドランプ、新デザインのリアコンビネーションランプを与えるなどして、MINIらしさを残しつつ、より現代的にリフレッシュされた。
インテリアは、フロントシートのサイドサポートの改良や、センターコンソールに小物入れを配置するなど、機能性を高めた。One、Cooperのインテリアデザインをリニューアルしたこともポイント。

機関面では、One、Cooperのトランスミッションにクロスレシオの新型を採用。1〜5速、ファイナルギアとも低められ、“ゴーカートフィーリング”を高めたという。CooperSは、新型スーパーチャージャーを搭載し、従来比17ps&1.0kgmアップ。170ps/6000rpmの最高出力と、22.4kgm/4000rpmの最大トルクを得た。こちらのギア比も、加速重視のセッティングとなる。

価格は、いずれも従来より若干高く、One(5MT)が205万8000円、Cooper(5MT)が238万3500円。CooperS(6MT)は279万3000円。CVTモデルは、Oneが216万3000円、Cooperは248万8500円となる。

(webCGオオサワ)

MINI:
http://www.mini.jp/

 
「MINI」シリーズ、マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
MINI 3ドアMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表 2017.9.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。
  • レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場 2017.9.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る