ポルシェのニュー「911」、受注スタート

2004.08.27 自動車ニュース
 

ポルシェのニュー「911」、受注スタート

ポルシェジャパンは、「997型」こと新しい「911」の受注を、2004年8月25日に始めた。価格は、「カレラ」(6MT)の1046.0万円から。


「ポルシェ911カレラ」(写真上)と「カレラS」
 

ポルシェの基幹「911」のニューモデルが、いよいよ日本に登場する。997型と呼ばれる新型のラインナップは、3.6リッター水平対向6気筒(325ps)を積む「カレラ」と、3.8リッター(355ps)の「カレラS」の2種類。いずれにも、6段MTと、ティプトロニック付き5段AT仕様を設定する。

997は、従来のティアドロップ型のヘッドランプを伝統的な丸形に変更し、弟分「ボクスター」との差別化を図るとともに、911らしさを演出。リアフェンダーを強調するなどしてダイナミックさをアピールしたルックスだ。同時に、エアロダイナミクスの向上なども図られた。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4425×1810×1310mm(カレラSは全高が1300mm)と、先代より若干幅広。ホイールベースは2350mmで変わらない。
エンジンは、カレラの3.6リッターが、325ps/6800rpmと37.7kgm/4250rpmを発生。カレラSの3.8リッターは、355ps/6600rpmと40.8kgm/4600rpmのアウトプットを誇る。

気になるパフォーマンスは、カレラが0-100km/h加速=5秒フラット、カレラSは4.8秒(いずれも6MT)。最高速度はそれぞれ285km/h、290km/hと駿足だ。

997のトピックとして、可変ギアレシオ付きステアリングシステムの採用と、カレラSに標準搭載されるアクティブサスペンション「PASM」(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)が挙げられる。いずれも“ポルシェ初”を謳う電子制御システムだ。
装備面ではほかに、同社ジマンのセラミックコンポジットブレーキ「PCCB」をオプション設定。車高が20mm低い「スポーツシャシー」も、両モデルに用意される。

価格は以下の通り。

●カレラ
6MT(左ハンドル):1046.0万円
5AT(左右ハンドル):1109.0万円
●カレラS
6MT(左ハンドル):1248.0万円
5AT(左右ハンドル):1311.0万円

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
ホームへ戻る