ポルシェのニュー「911」、受注スタート

2004.08.27 自動車ニュース
 

ポルシェのニュー「911」、受注スタート

ポルシェジャパンは、「997型」こと新しい「911」の受注を、2004年8月25日に始めた。価格は、「カレラ」(6MT)の1046.0万円から。


「ポルシェ911カレラ」(写真上)と「カレラS」
 

ポルシェの基幹「911」のニューモデルが、いよいよ日本に登場する。997型と呼ばれる新型のラインナップは、3.6リッター水平対向6気筒(325ps)を積む「カレラ」と、3.8リッター(355ps)の「カレラS」の2種類。いずれにも、6段MTと、ティプトロニック付き5段AT仕様を設定する。

997は、従来のティアドロップ型のヘッドランプを伝統的な丸形に変更し、弟分「ボクスター」との差別化を図るとともに、911らしさを演出。リアフェンダーを強調するなどしてダイナミックさをアピールしたルックスだ。同時に、エアロダイナミクスの向上なども図られた。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4425×1810×1310mm(カレラSは全高が1300mm)と、先代より若干幅広。ホイールベースは2350mmで変わらない。
エンジンは、カレラの3.6リッターが、325ps/6800rpmと37.7kgm/4250rpmを発生。カレラSの3.8リッターは、355ps/6600rpmと40.8kgm/4600rpmのアウトプットを誇る。

気になるパフォーマンスは、カレラが0-100km/h加速=5秒フラット、カレラSは4.8秒(いずれも6MT)。最高速度はそれぞれ285km/h、290km/hと駿足だ。

997のトピックとして、可変ギアレシオ付きステアリングシステムの採用と、カレラSに標準搭載されるアクティブサスペンション「PASM」(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)が挙げられる。いずれも“ポルシェ初”を謳う電子制御システムだ。
装備面ではほかに、同社ジマンのセラミックコンポジットブレーキ「PCCB」をオプション設定。車高が20mm低い「スポーツシャシー」も、両モデルに用意される。

価格は以下の通り。

●カレラ
6MT(左ハンドル):1046.0万円
5AT(左右ハンドル):1109.0万円
●カレラS
6MT(左ハンドル):1248.0万円
5AT(左右ハンドル):1311.0万円

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記
  • 最上の「BMW 7シリーズ」が30台限定で登場 2017.10.10 自動車ニュース