「マツダRX-8」によりスポーティな限定モデル&小変更

2004.08.26 自動車ニュース

「マツダRX-8」によりスポーティな限定モデル&小変更

マツダは、「RX-8」のエンジンやサスペンションをチューン、エアロパーツなどを装着してスポーツ性能を高めた限定車「RX-8マツダスピードバージョンII」を、180台設定。2004年8月20日から予約受付を始めた。販売開始は10月初頭の予定。加えて、ノーマルモデルの装備を変更した。

「RX-8マツダスピードバージョンII」は、マツダのチューニングパーツなどを開発する「マツダスピード」が、吸排気系やコンピューター、足まわりをチューン。エクステリアをエアロパーツで“武装”した、いわゆるコンプリートカー。2003年12月に発売した「RX-8マツダスピードバージョン」の進化版で、バランスのよいチューニングを施したというのが特徴だ。

エンジンは、エアダクトやマフラー、スパークプラグを変更。オイルクーラーと軽量フライホイールを採用、また「PCM」(パワートレイン・コントロール・モジュール)の最適化を図るなどした。サスペンションは、マツダスピードの「ハイパフォーマンスサスペンションキット」を装着する。
外観は、フロントノーズ/リアアンダー/サイドスカート、リアウイングを採用。見た目のみならず、前後ストラットタワーバーとパフォーマンスバーセットで、剛性を強化した。

価格は、トップグレードの「RX-8 TypeS」より93万4500円高い、383万2500円。

また、RX-8全車に、盗難防止装置イモビライザーと、折り畳み式の「リトラクタブルタイプキー」を標準装備したことも新しい。さらに、シフトブーツの形状変更など、細かいリファインが施された。
価格は若干アップし、標準グレードが253万500円からとなる。

(webCGオオサワ)

マツダ「RX-8」:
http://www.rx-8.mazda.co.jp/

 
「マツダRX-8」によりスポーティな限定モデル&小変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8(6MT)【海外試乗記(前編)】 2003.1.22 試乗記 マツダRX-8(6MT)

    ついに発売へのカウントダウンが始まったロータリースポーツ「RX-8」。“4ドア4シータースポーツ”というコンセプトを掲げ、観音開きのドアをもつマツダのニューモデルはどうなのか? 自動車ジャーナリスト河村康彦による「RX-8試乗報告」、その前編。


  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る