トヨタ、商用「ハイエース」「レジアスエース」を一新

2004.08.25 自動車ニュース

トヨタ、商用「ハイエース」「レジアスエース」を一新

トヨタ自動車は、商用車「ハイエース」(トヨペット店)「レジアスエース」(ネッツ店)をフルモデルチェンジし、2004年8月23日に発売した。

1967年にデビューして以来、日本をはじめアジアや中南米などで販売されてきた商用車「ハイエース」と、1999年に追加されたその姉妹車「レジアスエース」がフルモデルチェンジを受けた。

新型は「次世代のビジネスパートナーとしてすべてを一新」(プレスリリース)。荷室長を4ナンバー枠トップレベルの3000mmとしたほか、ボディ構造の見直しによるフロントクラッシャブルゾーンの拡大や、ステアリング&ブレーキペダル後退低減機構を採用し、安全性能を高めたという。

エンジンは、ガソリンが可変バルブタイミング機構「VVT-i」付きの2リッター直4と、2.7リッター直4の2種類。ディーゼルエンジンは、2.5リッターインタークーラー付きターボをラインナップする。ガソリンエンジンは、商用車でクラス初という、「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル」を達成した。

ボディバリエーションは、用途に合わせて4種類が設定される。

また、ナビゲーションシステム「ワイドマルチAVステーションII」のオプション設定や、室内に小物入れを配するなど、商品性の向上を図るなどしたのも新型の特徴だ。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「ハイエース」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/hiace/
同「レジアスエース」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/regiusace/

 
トヨタ、商用「ハイエース」「レジアスエース」を一新の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化 2016.6.2 自動車ニュース トヨタがワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用したほか、「ワゴン」と「コミューター」にVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールなどを標準装備した。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車も 2014.12.16 自動車ニュース トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」を改良。2015年1月6日に発売する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
ホームへ戻る