スバル、「パリサロン」にスポーティな「レガシィ」など出展

2004.08.25 自動車ニュース
 

スバル、「パリサロン」にスポーティな「レガシィ」など出展

富士重工業は、2004年の「パリサロン」(9月23日〜10月10日)に出展するスバル車2台を、2004年8月20日に発表した。


「レガシィ3.0R spec.B」(上)と「フォレスター2.5XT」。ほかに、すでに販売中の「アウトバック」や「インプレッサ」シリーズなどを展示する。
 

スバルブースの目玉は、「レガシィ3.0R spec.B」(ワゴン)と「フォレスター2.5XT」である。

「レガシィ3.0R spec.B」は、3リッター水平対向6気筒(245ps/6600rpm、30.3kgm/4200rpm)モデルのスポーティバージョン。トランスミッションは6段MTを採用、サスペンションにビルシュタインダンパーを装着する。タイヤも、215/45R18インチとアグレッシブだ。

一方の「フォレスター2.5XT」は、ターボチャージャー付きの2.5リッター水平対向4気筒を積むモデル。「フォレスターSTiバージョン」が搭載するユニットをデチューンしたものだが、最高出力210ps/5600rpm、最大トルク32.6kgm/3600rpmのアウトプットを誇る。トランスミッションは5段MTが組み合わされる。

(webCGオオサワ)


スバル:
http://www.subaru.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
ホームへ戻る