スバル、「パリサロン」にスポーティな「レガシィ」など出展

2004.08.25 自動車ニュース
 

スバル、「パリサロン」にスポーティな「レガシィ」など出展

富士重工業は、2004年の「パリサロン」(9月23日〜10月10日)に出展するスバル車2台を、2004年8月20日に発表した。


「レガシィ3.0R spec.B」(上)と「フォレスター2.5XT」。ほかに、すでに販売中の「アウトバック」や「インプレッサ」シリーズなどを展示する。
 

スバルブースの目玉は、「レガシィ3.0R spec.B」(ワゴン)と「フォレスター2.5XT」である。

「レガシィ3.0R spec.B」は、3リッター水平対向6気筒(245ps/6600rpm、30.3kgm/4200rpm)モデルのスポーティバージョン。トランスミッションは6段MTを採用、サスペンションにビルシュタインダンパーを装着する。タイヤも、215/45R18インチとアグレッシブだ。

一方の「フォレスター2.5XT」は、ターボチャージャー付きの2.5リッター水平対向4気筒を積むモデル。「フォレスターSTiバージョン」が搭載するユニットをデチューンしたものだが、最高出力210ps/5600rpm、最大トルク32.6kgm/3600rpmのアウトプットを誇る。トランスミッションは5段MTが組み合わされる。

(webCGオオサワ)


スバル:
http://www.subaru.co.jp/

関連キーワード:
レガシィツーリングワゴン フォレスタースバルパリモーターショー2004イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:TRD/STI編)【試乗記】 2017.10.2 試乗記 日本メーカー直系のスポーツブランドの実力やいかに? NISMOと無限のマシンを紹介した前編に続いては、TRDの手になる特別な「86」と「エスクァイア」、STIがチューンした「インプレッサ」「レヴォーグ」の走りをリポートする。
ホームへ戻る