「日産ステージア」をマイナーチェンジ

2004.08.23 自動車ニュース
 

「日産ステージア」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ステーションワゴン「ステージア」をマイナーチェンジ。内外装の質感向上や、3.5リッターV6を積む新グレード「350RX」を追加するなどして、2004年8月19日に発売した。


写真はいずれも新グレードの「350RX」
 

マイナーチェンジしたステージアは、エクステリアをアグレッシブに変更。力強いグリルまわりが特徴的なデザインとなった。インテリアは、センタークラスターなどのパーツに金属アルミを採用し、質感の向上を図った。ステアリングホイールに、チルトに加えてテレスコピック機構が付いたことも新しい。
機関面では、マニュアルモード付き5段ATのギアセレクト式を、シフトレバー操作でギアチェンジできるギアセレクト方式に変更。4WDシステム「アテーサET-S」の多板クラッチ制御に、電磁式を採用したこともニュースである。

今回のマイナーチェンジにともない、グレード体型が見直された。2.5リッターターボと3リッターモデルがラインナップから落とされ、ベーシックグレード「RS」が消滅。新グレードとして、3.5リッターV6「VQ35DE」搭載モデル、「350RX」と「350RX Four」が追加された。
価格は、250RX(FR)の273.0万円から。ニューモデル、350RX(FR)が315.0万円、350RX Four(4WD)は351万7500円。

(webCGオオサワ)

日産ステージア:
http://www.nissan.co.jp/STAGEA/

関連キーワード:
ステージア日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ステージアAR-X FOUR(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2004.12.17 試乗記 ……402万2550円
    総合評価……★★★★

    2004年8月にマイナーチェンジをし、ターボエンジンを捨てておとなしくなった印象の「日産ステージア」。その中でも異彩を放つ、ワイルドなクロスオーバーSUVタイプの「AR-X FOUR」に、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)【試乗記】 2002.5.14 試乗記 日産ステージア250tRX FOUR(5AT)
    ……367.0万円

    ぶっちゃけたハナシ、スカイラインのステーションワゴン。そう解説する自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ステージアのターボモデルに乗った。セダンには用意されない「ターボ+4WD」のワゴンやいかに!?


  • 日産ステージア RX300 2WD(5AT)【ブリーフテスト】 2001.11.6 試乗記 ……374万円
    総合評価……★★★★




  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • 第60回:輸入中古車LOVE(前編) 2017.9.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第60回は「輸入中古車LOVE(前編)」。激安中古「BMW 320d」の購入に関連して、輸入中古車評論家・伊達軍曹との対談を送る。失敗しない購入方法とは? “伊達流”いいショップの見分け方に迫る。
ホームへ戻る