ダイハツの新しい軽「ムーヴラテ」発売

2004.08.23 自動車ニュース
 

ダイハツの新しい軽「ムーヴラテ」発売

ダイハツ工業は、売れ筋モデル「ムーヴ」をベースとした女性向け新型軽「ムーヴラテ」を、2004年8月23日に発売した。


ダイハツ工業の山田隆哉社長(右)と、ムーヴラテのテレビCMに出演する大貫亜美。
 

■“リラックスしたライフスタイル”

「ムーヴラテ」は、その名の通り、ダイハツの主力「ムーヴ」の派生車種。主に“リラックスしたライフスタイル”を志向する女性をターゲットに、ほのぼのとしたスタイル、広くてなごめる室内、便利な機能装備や収納などを盛り込んだニューモデルであり、またスペースユーティリティを重視した「タント」に続く、ムーヴのプラットフォームを用いたプロダクト攻勢モデル第2弾である。


NAモデルの「L」「X」「Xリミテッド」には、「平成17年排出ガス基準75%低減レベルを達成した(FF車)、659cc直列3気筒DOHC12バルブエンジンが搭載される。
 

ネーミングは、イタリア語でミルクをあらわす「ラテ」から。「コーヒーや料理にミルクを加えると、豊かでコクある味わいになるように、生活に潤いや豊かさをプラスするクルマ」という意味が込められているらしい。

エンジンは、659cc直列3気筒DOHC12バルブ(58ps)、またはインタークーラー付きターボ(64ps)の2種類。前者に4段AT、後者には電子制御ロックアップ機構付き4段ATが組み合わされる。NAモデルが「L」「X」「Xリミテッド」、ターボは「RS」と「RSリミテッド」(RSリミテッドは12月発売予定)の5グレード構成で、どれにもFFと4WDを設定した。価格は「L」(FF)の100万8000円から、「RSリミテッド」(4WD)の159万750円までとなる。



 

■“まる”で“ほのぼの”

“広い室内”を謳うムーヴラテ。ボディサイズ、ホイールベースはムーヴと同じで、全長×全幅×全高=3395×1475×1630mm/2390mmだが、室内は50mm長く、またタントより30mm短い1970mmを誇る。

デザインは、内外装とも“まる”がモチーフ。ボディフォルムは一般的なハイトワゴンのそれを踏襲しつつ、角を丸め、丸目のフロントマスクとともに柔らかさや“ほのぼの感”を醸し出す。



 

インテリアは、ドアトリム&ドアハンドルやメーター、インパネクラスターなどが円形。シンプルなデザインに丸いアクセントを加えることで、カジュアルでくつろげる空間を実現したという。シートは、縫い目とボタンで背面にスマイルマークを付けた「スマイルベンチシート」を採用するなど、シャレも利かせた。


こちらはターボモデルの「RS」。
 

女性をメインターゲットに据えたムーヴラテは、運転のしやすさ、使い勝手に配慮したアイテムが多彩。楕円形大型ルームミラーや円形ドアインナーハンドルを採用、ルームランプも大型の残照式を装備する。カップホルダーや、インパネ、ドアポケット、シート下に配された豊富なモノ入れは、ベースとなったムーヴ譲りだ。

ドレスアップアイテムとして、スバルの軽「R2」にもあるような、シガーライターソケットを使うアロマテラピー「アロマヒーリング」を設定。ラベンダーやローズなど、50種類の香りから女性モニターがセレクトした6種類が用意される。
さらに、インストルメントパネルの素材をカラーコーディネイトしたり、ウッド調に変更できる、ドレスアップパーツを揃えた。

(webCGオオサワ)


ダイハツ工業「ムーヴラテ」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/move_latte/

関連キーワード:
ムーヴラテダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
ホームへ戻る