トヨタ、「ヴォクシー/ノア」をマイナーチェンジ

2004.08.19 自動車ニュース
 

トヨタ、「ヴォクシー/ノア」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、ミニバン「ヴォクシー/ノア」をマイナーチェンジし、2004年8月17日に発売した。


【写真上】「ヴォクシーZ」
【写真下】「ノアS」
 

兄弟車同士の「ヴォクシー」(ネッツ店扱い)と「ノア」(同トヨタカローラ店)が、それぞれマイナーチェンジを受けた。
新型は、エクステリアをスポーティに変更。内装や装備品の質感を高めたことに加え、2列シート車を設定してラインナップ拡充を図るなど、商品性を向上させた。全車のトランスミッションが、従来の4ATに代わり、無段変速機「Super CVT-i」に変更されたこともニュースである。

外観は、ヴォクシー、ノアとも、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプの意匠を変更し、スポーティ感や力強さを強調。リアコンビネーションランプなどにはLEDを採用し、視認性を高めた。インテリアは、センターメーターとヒーターコントロールパネルのデザインを改め、質感と使いやすさの向上を図った。


「ノアX」のインテリア
 

全車トランスミッションが4段ATからCVTとなったことで、低燃費と静粛性がアップ。「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル」と、「平成22年度燃費基準+5%」をクリアした。
スポーティグレード「ヴォクシーZ」と「ノアS」は、7段マニュアルモード「スポーツステアシフトマチック」搭載。メーカー純正ナビゲーションシステム搭載車は、地図情報から道路に適したシフト制御を行う「NAVI・AI-SHIFT」が備わる。

オプション装備も拡充。一部グレードに、デュアルパワースライドドア、パワーバックドア、ブラインドコーナーモニターなどを設定した。


ヴォクシーの2列シート版「TRANS-X」のインテリア。写真は長尺物を搭載できる「ウルトラロングモード」。
 

5人乗りの2列シート車「ヴォクシーTRANS-X」と「ノアYY」は、荷室スペース重視の新グレード。取り外し可能な3枚のデッキボードを備え、シートアレンジと組み合わせることで、多彩な使い方を実現したという。両モデルの「X」グレードに、助手席側のセカンドシートが電動でせり出す「サイドリフトアップシート装着車」を設定したことも新しい。

価格は両車変わらず、「ヴォクシー“Eエディション”」「ノア“Eセレクション”」(いずれもFF)の199.5万円から。新グレード「ヴォクシーTRANS-X」「ノアYY」も、199.5万円となる。

(webCGオオサワ)


トヨタ自動車「ヴォクシー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Voxy/
同「ノア」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Noah/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
ホームへ戻る