「911ターボ」のハイパフォーマンスモデル「S」、受注開始

2004.08.18 自動車ニュース

「911ターボ」のハイパフォーマンスモデル「S」、受注開始

ポルシェジャパンは、「911ターボ」のハイパフォーマンス版「ターボS」と「ターボSカブリオレ」の受注を、2004年8月5日から始めた。

「911ターボS」は、エンジンマネージメントの変更や、大型ターボチャージャー、改良型インタークーラーを採用し、911シリーズで2番目に高出力を誇るパワーユニットを搭載。最高出力は911ターボより30ps高い450ps/5700rpm、最大トルクは6.1kgmアップの63.2kgm/3500-4500rpmを発生する。最高速度はクーペ、カブリオレとも307km/h、0-200km/h加速は13.6秒と、ノーマルターボを0.8秒上まわる。
ポルシェらしく、パワーアップに合わせてブレーキも強化。4輪すべてに、同社ジマンのセラミック製ドリルホール付きベンチレーテッドディスク「PCCB」を標準で与えた。
価格は、ターボSクーペ(6MT)が1957.0万円、ティプロトニックSは2020.0万円。ターボSカブリオレはティプトロニックSのみで、2188.0万円となる。

加えて、本国で新型911「997型」が発表されたことを受けてか、ポルシェジャパンは一部モデルを、通常より早く2005年型に移行。価格が改定され、売れ筋のティプトロニックSモデルが従来より21.0万円低価格に設定された。完成度の高いモデル末期の911を待っていた人に嬉しいニュースだ。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

 
「911ターボ」のハイパフォーマンスモデル「S」、受注開始の画像

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
ホームへ戻る