「911ターボ」のハイパフォーマンスモデル「S」、受注開始

2004.08.18 自動車ニュース

「911ターボ」のハイパフォーマンスモデル「S」、受注開始

ポルシェジャパンは、「911ターボ」のハイパフォーマンス版「ターボS」と「ターボSカブリオレ」の受注を、2004年8月5日から始めた。

「911ターボS」は、エンジンマネージメントの変更や、大型ターボチャージャー、改良型インタークーラーを採用し、911シリーズで2番目に高出力を誇るパワーユニットを搭載。最高出力は911ターボより30ps高い450ps/5700rpm、最大トルクは6.1kgmアップの63.2kgm/3500-4500rpmを発生する。最高速度はクーペ、カブリオレとも307km/h、0-200km/h加速は13.6秒と、ノーマルターボを0.8秒上まわる。
ポルシェらしく、パワーアップに合わせてブレーキも強化。4輪すべてに、同社ジマンのセラミック製ドリルホール付きベンチレーテッドディスク「PCCB」を標準で与えた。
価格は、ターボSクーペ(6MT)が1957.0万円、ティプロトニックSは2020.0万円。ターボSカブリオレはティプトロニックSのみで、2188.0万円となる。

加えて、本国で新型911「997型」が発表されたことを受けてか、ポルシェジャパンは一部モデルを、通常より早く2005年型に移行。価格が改定され、売れ筋のティプトロニックSモデルが従来より21.0万円低価格に設定された。完成度の高いモデル末期の911を待っていた人に嬉しいニュースだ。

(webCGオオサワ)

ポルシェ:
http://www.porsche.co.jp/

 
「911ターボ」のハイパフォーマンスモデル「S」、受注開始の画像

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記