「VWトゥアレグ」の仕様がグレードアップ

2004.08.18 自動車ニュース

「VWトゥアレグ」の仕様がグレードアップ

フォルクスワーゲングループジャパンは、VWの高級SUV「トゥアレグ」の装備を追加設定、価格を変更し、2004年8月16日に発売した。

2003年9月に日本でリリースされた「トゥアレグ」。今回、パワーステアリングシステムをエンジン回転感応式から、車速感応式にスイッチ。さらに、障害物との距離を知らせる「パークディスタンスコントロール」や、後席カップホルダーを採用するなどして利便性を高めた。
加えて、3.2リッターV6モデルはエンジンを改良し、最高出力が従来比21psアップの241psとなったこともニュース。また10・15モード燃費が0.6km/リッター向上し、7.5km/リッターとなった。
価格は従来より4万円高く、V6が523万9500円、V8は681万4500円。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
「VWトゥアレグ」の仕様がグレードアップの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグV6アップグレードパッケージ(4WD/8AT)【試乗記】 2015.7.1 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が見直された、フォルクスワーゲンのフラッグシップSUV「トゥアレグ」。試乗してみると、その地道なリファインの成果がまざまざと見えてきた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
ホームへ戻る