今秋デビューの「日産ティーダ」でウェブドラマ

2004.08.17 自動車ニュース
 

今秋デビューの「日産ティーダ」でウェブドラマ

日産自動車は、2004年秋にデビュー予定の新型コンパクトカー「ティーダ」が登場するウェブドラマ『DUAL FEEL』を製作。Yahoo Japan!とのコラボレート企画として、2004年8月11日から、日産ティーダウェブサイトとヤフージャパンの特設サイトで公開した。



 

「ティーダ」は今秋にデビューが予定されるニューコンパクト。「Compact meets Luxury」をコンセプトに、外観から想像できないほど質感の高いインテリアと広い室内を持つ、と謳われる。
ウェブドラマ『DUAL FEEL』では、別のものが出会い、新しく上質なものを生み出す、ティーダのコンセプトを表現したという。主演は、ミュージシャンCharと女優の小西真奈美。ティーダのサイトではChar、ヤフー特設サイトでは小西真奈美、それぞれ別の視点(DUAL)から読み解く構造がポイントとか。

詳しくは、以下のサイトを参照のこと。
日産ティーダ『DUAL FEEL』:
http://www.nissan.co.jp/TIIDA/DUALFEEL/
Yahoo! Japan特設サイト:
http://dualfeel.yahoo.co.jp/

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
ホームへ戻る