第154回:“ホテルのドアマン的快楽”アリ!?ポルテに乗って結構感激したおハナシ

2004.08.17 小沢コージの勢いまかせ!

第154回:“ホテルのドアマン的快楽”アリ!?ポルテに乗って結構感激したおハナシ

 
第154回:“ホテルのドアマン的快楽”アリ!?ポルテに乗って結構感激したおハナシの画像
 
第154回:“ホテルのドアマン的快楽”アリ!?ポルテに乗って結構感激したおハナシの画像

■クルマっぽくないクルマ

正直、感動しました「トヨタ・ポルテ」。まだまだクルマって進化の余地があるんだなぁと。プリウスみたいなこれ見よがしのハイテクはないんだけど、クラウン・マジェスタの100倍ぐらい感動したな。さすがはトヨタ。こういう“クルマっぽくないクルマ”を作らせたら世界一だなぁ、と。

プリウスもそうだけどさ、元々“クルマとはなにか?”って認識が違うんだろうね。トヨタ車ってベンツやBMWみたいなヨーロッパ車はもちろん、一部ホンダ車でも感じる「クルマ好きの匂い」がほとんどしない。
悪い意味じゃなくってね、トヨタにしかできない領域のクルマ、もしくは“クルマの匂い”があるのよ。クルマの“モビリティ”を重視してる、といいますかね。根本的に「趣味のもの」ではなく、「奉仕のもの」って捉えてるような気がする。非常に感覚的なおハナシですけど。

スライドドアの開閉スイッチは、センターコンソールに加えCピラーに配置。後席から操作できます。
スライドドアの開閉スイッチは、センターコンソールに加えCピラーに配置。後席から操作できます。
ちょっと初代「ワゴンR」に乗ったときのような感動もありました。なんとなく、ね。
ちょっと初代「ワゴンR」に乗ったときのような感動もありました。なんとなく、ね。

■送迎におおウケ

具体的にポルテだけど、これがやたら便利なのよ。目からウロコが落ちたよう、とでもいうか。筆頭は助手席側の自動スライドドアで、これがインパネセンターのやたら押しやすい開閉スイッチとあいまって、乗せる人にやたら好評なのだ。だってさ、待ち合わせ場所に来るなり、「いらっしゃいませ〜」って感じでドアが開くんだもん。開口部の広さはもちろん、感動的なのは床の低さで、ちょっとした段差があったらほとんど地べた同然に低い。

さらにリアシートの広さが異様。まさにセルシオ以上&リムジン並みの広さで、開口部の広さと相まり、ほとんどの場合、助手席を前に傾けなくても乗り降りできる。じゃまな手荷物もとりあえず、床に置いとけるし、送迎車としてはもしやロールス&ベントレー以上!? あれもウケますんでね、人の送迎には。

室内高は「アルファード」と同じ、前後シート間距離はセルシオ(1035mm)より長い1050mm。
室内高は「アルファード」と同じ、前後シート間距離はセルシオ(1035mm)より長い1050mm。
 
第154回:“ホテルのドアマン的快楽”アリ!?ポルテに乗って結構感激したおハナシの画像
 
第154回:“ホテルのドアマン的快楽”アリ!?ポルテに乗って結構感激したおハナシの画像

俺も実家に帰ったときにそうなるけど、実は毎日のクルマの使い道って、家族やお客さまの駅への送り迎えが無視できないんだよね。そういう場合、いくらいいクルマでも使い勝手が悪いと急にポイント低くなる。雨の日、濡れた傘を置く場所がないとか、ドアが大きすぎて邪魔とか。
その点、ポルテは完璧。ほとんど乗り降りにストレスがない。荷物の一時置き場所にもこと欠かず、ある種“ホテルのドアマン的感激”が得られます。ドライバーはね。

ただ移動中は、リアシートまわりが広すぎて不安な部分もあったし、シートは前後共に「もうちょっと大きいといいのに……」とも思った。正直、ファミレスのシートにも似た落ち着かなさアリ。長距離乗って楽しめるクルマではない。だが、この地域限定具合、コレがまた21世紀的といえなくもない。
今後の評価が楽しみですよ。一般の方々のね。

(文と写真=小沢コージ/2004年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る