IRLケンタッキー、フェルナンデスが移籍後初優勝!

2004.08.16 自動車ニュース

IRLケンタッキー、フェルナンデスが移籍後初優勝!

IRLインディカーシリーズ第11戦決勝が、米ケンタッキー州のケンタッキー・スピードウェイ(1.5マイルオーヴァル/約2.4km)を200周して行われた。シーズン初めの第2戦にチャンプカーからIRLへ移籍したベテラン、エイドリアン・フェルナンデスが、シリーズ初優勝を遂げた。


2位はバディ・ライス、3位はダンウェルドンというトップ3。松浦孝亮は自身最高位の4位でフィニッシュした。

10回目のIRLレースで見事優勝したフェルナンデス。キャリア最高位の予選4位からレースを組み立て、152周目にライスからトップを奪った。

最後の48周は、ライスに加え、ウェルドン、ポイントリーダーのトニー・カナーンをまじえての戦いが行われ、結果、41歳のメキシカン、フェルナンデスが、28歳のアメリカ人ライスを0.0581秒後方に従えるかたちでチェッカードフラッグが振られた。

フェルナンデスと鈴木亜久里が共同オーナーを務めるスーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングのルーキー、松浦は、予選10位からスタート。一時は15位までポジションを落としたが、燃費セーブの走りをしながら徐々に挽回。183周目に4位へと浮上し、3位のウェルドンを激しく追いたてながらゴール、自己ベストリザルトを手に入れた。

126周をリードしたカナーンが5位フィニッシュ。結果、ポイントを433点とし、カナーンとランキング2位のライスとの差は、67点から50点に縮まった。
またホンダは、5戦を残して2004年のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。

次戦決勝は8月22日、ヒルクライムレースで有名なコロラド州パイクスピークで開かれる。

(webCG 有吉)

 

【写真上下】CART時代はツインリンクもてぎで優勝したこともあるエイドリアン・フェルナンデスが、IRL移籍後の初V。(写真=本田技研工業)
 

松浦孝亮(手前)は、自己最高位の4位でゴール。(写真=本田技研工業)
 

20番手からスタートを切った高木虎之介は、マシンのパフォーマンス不足に悩まされ、22台中20位でレースを終えた。 (写真=トヨタ自動車)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。