【スペック】全長×全幅×全高=5090×1900×1450mm/ホイールベース=3035mm/車重=1630kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(243ps/6800rpm、30.6kgm/4500rpm)/価格=849.0万円(テスト車=同じ)

ジャガーXJ6(6AT)【試乗記】

もっとも価値あるXJ 2004.08.12 試乗記 ジャガーXJ6(6AT)……849.0万円アルミモノコックボディの採用で、伝統的なジャガーサルーンスタイリングはそのままに、室内スペースの拡大や軽量化に成功した「XJシリーズ」。V8モデルのみだったラインナップに加わった3リッターV6搭載の「XJ6」。自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。

「XJ6」の復活

新型「XJシリーズ」の販売も軌道にのったようで、本命ともいえる3リッターV6モデル「XJ6」が追加された。“XJエイト”より“XJシックス”の方が語呂もよく、耳に心地よく響く。伝統あるモデル名の復活は喜ばしい。新型に切り替わった当初は、高性能で豪華な仕様から売るのが戦略というもの。落ちついてくれば、選択肢を拡げていくのが常道なのだ。

とくにXJシリーズの場合は、グレードごとの内装や外観にほとんど差もなく、異なるのはエンジン排気量、気筒数が8か6かだ。8気筒で一番ちいさい3.5リッターV8のアウトプットは、267ps/6250rpmと34.6kgm/4200rpm。XJ6が積む3リッターV6は「Sタイプ3.0V6」と同じユニットで、243ps/6800rpmの最高出力と、30.6kgm/4500rpmの最大トルクを発生する。
構造的な優位性やプレミアム性もさることながら、絶対的なパワーに差があるのはもちろんのこと。とはいえ、XJシリーズはアルミモノコックの軽量ボディ。もとより、動力性能において劣る要素はすくない。高級サルーンに“お買い得”という表現は適切ではないから、“もっとも価値あるXJの登場”ということになるだろう。

光る“技”

ABSやESPといったデバイスや、スロットル、サスペンション制御にいたるまで、各種電気装置が一般化した現在、最先端技術を誇れるのはボディの軽量化だ。盛り沢山の装備を与えてしまえば、重量増をまねくのは必定。それを、“デキなり”で売るのは能がない。パワーアップで応えれば動力性能は追いつくとしても、燃費やブレーキ性能、衝突時のエネルギー、果ては環境問題にいたるまで、重くなることが絶対的に不利なことは明白だ。軽量化こそ、今一番注目されるべき技術であり、それを制してこそ自動車メーカーの“技”が光る。

全長5m級の大型高級車市場において、XJ6の直接のライバルと目されるのは、「BMW735i」(887万2500円)と、「メルセデスベンツS350」(896.7万円)だろう。ちなみに、S350はボディ重量が1780kg、735iは1900kgもある。対するXJ6の車重は、1630kgにすぎない。これは、スチールボディの「Sタイプ2.5V6」の1680kgより軽いのだ。
ジャーマンサルーンに更なる追い打ちをかけるなら、735iが3.6リッター、S350は3.7リッターのV8だ。XJ6より0.5リッター、約17%大きいエンジンを搭載するにもかかわらず、パワー・トゥ・ウェイトレシオは前者が7.0kg/ps、後者は7.3kg/psにとどまる。3リッターV6のXJ6は、6.7kg/psと勝るのだ。より速く、しかも経済的ということになる。



“豪快”とは別のスポーティ

このクラスのユーザーにとって、価格差はもちろん関心事ではあるだろうが、もともとベースが高いのだから、見栄で仕様を選ぶ必要もあるまい。となると、やはり、もっとも価値あるXJと胸を張り、数の上でも販売上の主力はXJ6に移ってくるのではないだろうか。

もちろんXJシリーズ同士の比較でも、XJ6は8気筒版より50kgも軽い。ノーズが軽いとなれば操縦性に好影響を与えるのは当然だ。SタイプRの豪快さとはまた別の敏捷な軽快感をもって、もっともスポーティなXJであると言える。快音を発して回るエンジンも、8気筒より6気筒の方が気持ちいい。
XJ6はジャガーらしいもっとも魅力的なサルーンである。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏/2004年8月)

関連記事
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 JAIA輸入車試乗会2017 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 第3回:「前」と「後ろ」で違った魅力
    「ジャガーXF」の乗り心地をチェック
    2016.7.20 ジャガーXF長期試乗リポート スタイリッシュなデザインやアルミを多用した軽量ボディーで話題の4ドアサルーン「ジャガーXF」は、どんな乗り心地なのだろうか? 初めてステアリングを握ったwebCGスタッフが、その印象を報告する。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る