【スペック】130 i “Cパッケージ”:全長×全幅×全高=3990×1690×1720mm/ホイールベース=2600mm/車重=1100kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4 DOHC16バルブ(87ps/6000rpm、12.3kgm/4400rpm)/価格=149万1000円(テスト車=184万4850円/ディスチャージヘッドランプ=4万2000円/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション+音声ガイダンス付きバックガイドモニター=31万1850円)

トヨタ・ポルテ130 i “Cパッケージ”(4AT)/ポルテ150 r(4AT)【試乗記】

極まる“もてなし感” 2004.08.09 試乗記 トヨタ・ポルテ130 i “Cパッケージ”(4AT)/ポルテ150 r(4AT)……184万4850円/191万1350円トヨタの新しいコンパクトカー「ポルテ」。大型電動スライドドアを採用した新型は、あまたある他のコンパクトと何が違うのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。
自動車ジャーナリストの笹目二朗

自動車ジャーナリストの笹目二朗


トヨタ・ポルテ130 i “Cパッケージ”(4AT)/ポルテ150 r(4AT)【試乗記】の画像


トヨタ・ポルテ130 i “Cパッケージ”(4AT)/ポルテ150 r(4AT)【試乗記】の画像

メリットは十分

名は体を表す。フランス語で“扉”を意味する「ポルテ」は、助手席側のスライドドアが象徴的だ。スライドドアの便利さはいまさらいうまでもないが、日本家屋の玄関を思わせる歓送迎のもてなしは、ポルテに極まるといっていいのではないか。

しかし、言うはやすく行うは難し。実現には様々な技術的困難を伴う。電動開閉装置そのものはワンボックスや「ラウム」などでの蓄積があるが、ボディ全体を適切に構築するのが難しいのだ。
右は通常のヒンジ式開閉ドアで、左側だけスライドするという構造上、ボディのねじり剛性は左右で異なる。そのため、非対称のボディ剛性が操縦性に反映され、ロール感が違ったりする。衝突安全性も左側を強化するだけでなく、左右差の補正をしなければならない。そうした困難を乗り越え、あえて大きなスライドドアを採用したメリットは十分にあると思う。しかも電動式でリモコン操作可能という、いわば「開けゴマ」式のマジックが小気味よい。

ポルテの魅力はドアだけではない。低いフロア(地上から30cm) も乗降性がよく、しかもフロアは完全にフラットだ。これはいつも赤ちゃんと一緒のママ(もちろんパパでもいい)にとっては、ベビーカーをそのまま積み込めるし、シニア世代にとっても、脚を持ち上げる労がすくなく、大変便利なフロアである。
またスライドドアは、駐車スペースが限られた場所での乗り降りにも問題ない。交通頻繁な通りで乗降するにも、コラムシフトレバーがこれに協力し、ドライバーはウォークスルーして直接歩道に降りられるのだ。ただし、レバー操作そのものは他の兄弟姉妹車と共通らしく、もうすこしデザイン的に考慮の余地がある。

左からの側面衝突時に、スライドドア内部のドアビームが室内に食い込まないよう、Aピラーに引っかかるフックを付けた。ビーム張力を利用して衝突時のエネルギーを受け止めるという。
写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。

左からの側面衝突時に、スライドドア内部のドアビームが室内に食い込まないよう、Aピラーに引っかかるフックを付けた。ビーム張力を利用して衝突時のエネルギーを受け止めるという。写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。
写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます。

写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます。

オシャレ&実用的

室内高が高いのも特徴である。全高1.72mは、大人でもちょっと屈めば立ったまま入れる感覚。低いフロアと相まって、室内天地寸法からかつてない広さを味わえる。それを、全長4mを切るコンパクトな外寸で実現したところがポルテの凄さだ。ついでに書けば、フェリー料金は4m以上で運賃が高くなるから、ポルテは安いカテゴリーに入る。普段フェリーに馴染みがない人にとっては、宝の持ち腐れかもしれないが、瀬戸内海沿岸などを筆頭に、海運国日本には、日常的に利用するユーザーも案外多い。

助手席のスライド量の長さはちょっと例を見ない。ヘッドレストを外し、背を畳んで前に押し出せば、ダッシュボード下に一部をもぐり込ませることができ、テーブルや物置き場所となる。リアシートへのアクセスはもちろん、ドライバーズシートからのウォークスルーも楽々だ。
さらにリアシートを畳めば、通常のハッチバックでは得られない広大なスペースが出現する。だから、カッコやオシャレで乗る人も多いと思われるが、実用車としても、これほど便利なクルマはちょっと思い出せない。

130 i “Cパッケージ”の1.3リッターエンジン。



【スペック】
150 r:全長×全幅×全高=3990×1690×1720mm/ホイールベース=2600mm/車重=1120kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4 DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.4kgm/4200rpm)/価格=157万5000円(テスト車=191万1350円/ディスチャージヘッドランプ=4万2000円/アルミホイール=5万2500円/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション+音声ガイダンス付きバックガイドモニター=31万1850円)

お勧めは1.3リッター

あえて気になる点を書くと、足踏み式サイドブレーキの2度踏みリリース方式は、筆者が何度も指摘しているように賛成できない。主ブレーキ失陥時など緊急用としては、反復使用しにくい不安がある。
シートそのものに格別不満はないが、座面の傾斜がフラットで、短時間なら問題ないが、長時間座っていると疲れるタイプだ。ハイトコントロールは後部を持ち上げる方式だから、初期値はもっと後部を下げて、腰にかかる上体の荷重を背面に分担すべきだ。それはシート自体のホールド性を上げることにも繋がる。

加えて、個人的な好みを記すと、ポルテはデザイン的にトヨタの最高位にあると思う。流麗でスタイリッシュなものは比較的簡単で、誰でもトライする分野ながら、こうした実用性を極めたうえでカッコよく処理するのは、なかなか難しい。優しく柔らかな印象のドルフィンノーズ、小さなノッチをつけたフロントウィンドウやAピラーの処理、曲げ過ぎずゆるやかな弧を描くルーフラインなどなど、ちょっと欲しくなる要素を持ったクルマだ。
お勧めは「130 i “Cパッケージ”」。1.3リッターエンジンはショートストローク型で軽快に吹くし、パワーも必要十分。乗り心地はフラットで突き上げ感もすくなかった。

(文=笹目二朗/写真=郡大二郎/2004年8月)


トヨタ・ポルテの動画は、以下のURLをクリック。
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000015569.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る