IRL、2005年からいよいよロードコースへ

2004.08.05 自動車ニュース

IRL、2005年からいよいよロードコースへ

IRLインディカーシリーズの2005年暫定スケジュールが、2004年8月4日に発表された。全戦オーヴァルトラックを舞台とした同シリーズに、来年から2つのロードコースが加わることになる。

1990年代当時、レースシリーズを統括していたCARTと、「インディアナポリス500」の舞台であるインディアナポリス・モータースピードウェイが分裂、後者が1996年からスタートさせたのがIRLインディカーシリーズだ。オーヴァル、ロードコース、市街地コースと様々なコースレイアウトで戦うCARTに対し、IRLはすべてオーヴァルをつかったレースを展開していた。

全16戦が予定される2005年は、伝統のワトキンスグレン・インターナショナル、そしてインフィニオン・レースウェイの2つのロードコースが加わることとなった。

開幕戦は3月6日、ホームステッド・マイアミ・スピードウェイ。引き続き唯一の米国外レースとなる、日本のツインリンクもてぎでの「インディ・ジャパン300」は、第3戦として2005年4月28〜30日に開催され、そして10月16日にカリフォルニア・スピードウェイで最終戦を迎える。

(webCG 有吉)

 
IRL、2005年からいよいよロードコースへの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。