【スペック】全長×全幅×全高=4430×1770×1295mm/ホイールベース=2350mm/車重=1420kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6 DOHC24バルブ(345ps/6800rpm、37.7kgm/4800rpm)/価格=1262万円(テスト車=1273万250円/パワーシートパッケージ=3万1500円/リモートCDチェンジャー=7万8750円)

ポルシェ911アニバーサリーエディション(6MT)【試乗記】

感心と期待 2004.08.04 試乗記 ポルシェ911アニバーサリーエディション(6MT)……1273万250円1963年のフランクフルトショーでデビューした「ポルシェ911」の40周年記念モデル「アニバーサリーエディション」。自動車ジャーナリストの河村康彦が雨の箱根で試乗して、感じたこととは?
自動車ジャーナリストの河村康彦

自動車ジャーナリストの河村康彦


ポルシェ911アニバーサリーエディション(6MT)【試乗記】の画像
本来なら、容量130リッターのフロントトランクにピタリと収まるようデザインされた、ナチュラルレザーの特製ケースが収まる。MサイズとLサイズ、それぞれ1個ずつがセットになっている。

本来なら、容量130リッターのフロントトランクにピタリと収まるようデザインされた、ナチュラルレザーの特製ケースが収まる。MサイズとLサイズ、それぞれ1個ずつがセットになっている。

あくまでさりげない

「なんていいクルマなんだろう!」
ドシャ降りに見舞われた箱根路を、可能なかぎりのアップテンポで駆け抜けていたら、天気とは裏腹に気持ちは段々晴れ晴れとしてきた。そんな心地よい時を味わわせてくれたのは、「ポルシェ911」の「アニバーサリーエディション」。911の生誕40周年を記念した、世界でわずか1963台しか生産されない特別仕様車だ。ぼくが乗ったクルマは、シリアルプレートに「0152」というナンバーが打たれていた。希少な1台だ。

他モデルでは、「カレラGT」にのみ設定されるという「GTシルバーメタリック」に彩られたボディは、「ターボ」「カレラ4S」譲りのワイドフェンダーバージョン。大型インテーク付きフロントバンパーや、「GT3」由来のサイドスカートとポリッシュ仕上げの18インチホイール、そして「40Jahre」ロゴ入りの専用リアエンブレムなど、いくつかのアイテムでドレスアップされる。とはいえ、一見して“それ”とわかるほどの違いはない。

インテリアも、専用アイテムを“さりげなく”採用した。アルミニウムルックのメーターリング、ダッシュボードのトリムストリップ、ボディ同色に塗られたセンターコンソールやパーキングブレーキレバーなどだ。知らなければ知らないですみそう(?)な演出ではあるが、いつもと同じ空間に慣れた911オーナーなら「オッ!」と声をあげそうな品々である。
前出のシリアルナンバーが打たれたプレートも、シフトレバー前方のコンソール部分に、あくまで控えめに貼り付けられる。ドアを開けると目に入る「911」の文字入りスカッフプレートが、専用デザインであることを見抜くファンがいるかもしれない。

飛び道具!?

1速ギアをチョイスし、いつものように気持ち重めのクラッチペダルをエンゲージしながら、アニバーサリーエディションのアクセルペダルを踏み込む。かつての空冷ユニットを偲ばせる、ちょっと“破裂音”的な逞しいエグゾーストノートは、2001年のマイナーチェンジで「バリオカム」を与えられた911の特徴だ。
大きな荷重を受け持つ後輪にエンジントルクが伝えられると、911はなんの神経質さも示さず、スルスルと動き出す。ドライバーの神経細胞内を走る電気信号がそのままクルマへと伝達されたかのような、ポルシェ車ならではのこの瞬間が、ぼくは大好きだ。

2輪駆動にもかかわらず、ウエット路面でアクセルペダルをフルに踏んでも、不安のないトラクションが得られる。「さすが911! RRレイアウトの面目躍如」……と思ったら、実はこのクルマには、さらなる“飛び道具”(!?)が付いていた。
アニバーサリーエディションのスペシャル装備として、駆動側22%、減速側27%のロッキングファクターを持つというLSDが標準装着されるのだ。ちなみに、サスペンションは標準カレラ比で10mmのローダウン仕様である。ステアリング操作に対するダイレクト感は、“いつもの911”に輪をかけてダイレクト。そうでありながら、乗り心地がほとんど損なわれていないのが嬉しい。つまり、18インチシューズを完璧に履きこなしているのだ。







“いいクルマ度”アップ

しばらく走ると、今度は試乗車の心臓が、いわゆる“当たり”の個体ではないか?と思った。回転フィールが全般に軽やかで、特に高回転域にかけての“抜け感”が、普段にも増して優れていたからだ。
が、これにも「秘密」があった。40周年記念車のフラット6は、吸気側カムプロフィールを変更するなどのライトチューンを施し、最大トルクはノーマルと同じ37.7kgm(発生回転数は4250rpmから4800rpmに上昇)ながら、最高出力がプラス25ps(こちら発生回転数は変わらず6800rpm)となる、345psへと高められたのだ。
0-200km/h加速16.5秒、最高速度290km/hのパフォーマンスはGT3に準ずるというが、率直にいって、動力性能はノーマルと大差ない。パーシャルスロットル域なら、「明確には実感できない程度」にとどまる。前述のように、さりげない好フィールを生み出したチューニング、といってよいだろう。911が持つ“いいクルマ度”を、さらに高めたことは間違いない。

「いつ」「どこで」乗っても、改めて感心させられる911。アニバーサリーエディションもその例に漏れない。
だが、996型と呼ばれる現行モデルを新車で乗れるのも、あとすこし。ポルシェ本社は2004年5月、次期911「997型」の公式写真を発表、欧州では7月に発売されたという。ニュー911は、一体どのようにして、かくも完成度の高い996型を凌ぐのだろうか?
……そんな期待を抱かせるのも、911ならではである。

(文=河村康彦/写真=佐藤俊幸/2004年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る