「トヨタ・ハイラックスサーフ」一部改良、20周年記念車も

2004.08.04 自動車ニュース
 

「トヨタ・ハイラックスサーフ」一部改良、20周年記念車も

トヨタ自動車は、SUV「ハイラックスサーフ」を一部改良するとともに、サーフの誕生20周年を記念した特別仕様車「SSR-X“20th Anniversary Edition”」を設定。2004年8月2日に発売した。


下の写真が「SSR-X“20th Anniversary Edition”」。ボディ色は専用の「ダークレッドマイカメタリック」。
 

今回の一部改良では、2.7リッターエンジンを、従来の「3RZ-FE」型から「2TR-FE」型に変更。アウトプットが13psと1.1kgmアップし、163ps/5200rpmの最高出力と25.1kgm/3800rpmの最大トルクを得た。同時に、平成17年度基準排出ガス50%低減レベルをクリア。環境性能も高められている。
オプション装備のDVDナビゲーションシステムが、テレマティクス「G-BOOK」に対応したほか、盗難防止システム「イモビライザー」を全車に標準装備したことも新しい。
価格は、「SSR-X“アメリカンバージョン」(2.7リッター/2WD)の247.8万円から、「SSR-G」(3リッターディーゼルターボ/4WD)の357.0万円まで。

誕生20周年を記念した特別仕様車「SSR-X“20th Anniversary Edition”」は、2.7リッターと3.4リッター車のベーシックグレード「SSR-X」(4WD)の内外装に、専用装備を付与したモデル。エクステリアに、メッキパーツや専用エンブレム、リアスポイラーなどを装着。インテリアでは、ファブリックシート表皮、ATシフトレバーノブなどに専用品を採用した。
価格は、2.7リッターモデルが302.4万円、3.4リッターは317.1万円となる。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

関連キーワード:
ハイラックスサーフトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • 新デザインの「トヨタ・ランドクルーザープラド」発売 2017.9.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月12日、マイナーチェンジしたSUV「ランドクルーザープラド」を発表。同日、販売を開始した。価格は、ガソリン車の353万8080円からディーゼル車の536万3280円まで。
  • 谷口信輝の新車試乗――トヨタ・アルファード ロイヤルラウンジSP(前編) 2017.9.7 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回はトヨタモデリスタが手掛ける究極の「トヨタ・アルファード」に試乗する。旅客機のファーストクラスもかくやのぜいたくな室内を、谷口視点でじっくりチェック!
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • 第55回:中古車の愛と誠 2017.8.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第55回は「中古車の愛と誠」。検討中の「BMW 320d」を見たいと、海千山千の中古ドイツ車専門店を訪れた筆者。だが、そこには驚くべき現実が待っていいた。買うべきか、買わざるべきか。中古車店の値付けにモノ申す。
ホームへ戻る