カーシェアリング向け専用「スズキMRワゴン」発売

2004.08.02 自動車ニュース

カーシェアリング向け専用「スズキMRワゴン」発売

スズキは、クルマを複数人で共有する「カーシェアリング」用に利便性の高いシステムを導入した「MRワゴンカーシェアリング専用車」を、2004年7月29日に発表。8月から業者向けに受注生産で販売する。4ATのみの設定で、価格はFF車が152万400円、4WDは163万8000円。

「カーシェアリング」とは、簡単にいえば「登録者専用レンタカー」。複数の利用者がクルマを共有することで、税金など維持コストを抑えることができ、また渋滞や排気ガスなど、社会問題を改善する方策のひとつともいわれている。

「MRワゴンカーシェアリング専用車」は、ID認証を行うICカード読み取り機や、利用スケジュールなどを管理するデータセンターとの通信機器などを組み込んだモデル。これにより、シェアリングに参加するユーザーは、インターネットや携帯電話などから車両を予約し、無人で貸し出し&返却でき、利便性が向上するという。運用管理は、スズキが資本参加するカーシェアリング事業会社、シーイーブイシェアリング社が行う。

詳しくは、シーイーブイシェアリングのホームページ(http://www.cev-sharing.com/)を参照のこと。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/
シーイーブイシェアリング:
http://www.cev-sharing.com/

 
カーシェアリング向け専用「スズキMRワゴン」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
ホームへ戻る