「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場

2004.08.02 自動車ニュース
 

「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場

フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「フィアット・バルケッタ」のフェイスリフト版の予約受付を、2004年7月31日に開始した。デリバリーは9月中旬の予定。



 

イタリア語で「小舟」という名を持つ「フィアット・バルケッタ」は、コンパクトカー「プント」のプラットフォームを流用してつくられたオープン2シーターで、初代は1995年にデビュー。日本へも2003年初めまで導入されていた。
今回発売されたのは、2002年12月にフェイスリフトを受けたバージョン。機関面に大きな変更はなく、1.7リッター直4+5段MT、左ハンドルのみの設定で、価格は292万9500円となる。


【スペック】
全長×全幅×全高=3895×1655×1275mm/ホイールベース=2275mm/車重=1100kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4 DOHC16バルブ(130ps/6300rpm、16.1kgm/4300rpm)/価格=292万9500円
 

ニューバルケッタの特徴は、スポーティイメージを強めたエクステリアデザイン。特に、フロントグリルを強調したマスクが、アグレッシブなイメージを与える。さらに、ホイールやリアバンパーのデザインも変更された。
エンジンは、可変バルブタイミング付き(吸気側)の1746cc直列4気筒DOHC16バルブ(130ps/6300rpm、16.1kgm/4300rpm)。5段MTを介して前輪を駆動する。

マニュアルエアコンやAM/FMチューナー付きCDプレーヤー、集中ドアロック&キーレスエントリーなど、快適装備は充実。安全装備として、デュアルエアバッグ、プリテンショナー付き3点式シートベルトなどが付与される。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連記事
  • フィアット・バルケッタ(5MT)【ブリーフテスト】 2004.12.28 試乗記 ……292万9500円
    総合評価……★★★★

    イタリアン2シータースポーツの「フィアット・バルケッタ」がフェイスリフト。ライバルがモデルチェンジする中で、デビューしてからすでに10年が経つ古株モデルに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 「フィアット・バルケッタ」の“本場”で誕生20周年ミーティング 2015.7.6 画像・写真 トリノ・リンゴットに集まった「バルケッタ」の国際ミーティングを写真で紹介。
  • フィアット・バルケッタ/ヒュンダイ・クーペ【試乗記】 2005.3.17 試乗記 フィアット・バルケッタ(FF/5MT)/ヒュンダイ・クーペ(FF/4AT)


    「輸入車の祭典」JAIAは、「日陰のモデル」に触れるチャンスでもある。地味ではあるが、日本車に足りない部分をカバーしてくれている2台のクルマ、「フィアット・バルケッタ」と「ヒュンダイクーペ」に、NAVI編集委員鈴木真人が試乗した。


  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フィアット「バルケッタ リミテッドエディション」に乗る 2000.2.16 自動車ニュース 1996年に日本で発売されたフィアットの2シーターオープンスポーツカー「バルケッタ」に、NAVI編集部アオキ記者が乗った。真っ黒なボディペイントに真っ赤なレザーインテリア。シートの座面と背もたれの身体が触れる部分は、グッチのバッグように、四角いステッチが斜めに並んでいる。クロスオーバーステッチというらしい。「な〜に、気取っちゃってェ」テスト車のフィアット・バルケッタは、リミテッドエディション。リミテッドといいつつ、ディーラーに「バルケッタください」と赴くと、標準モデル283.5万円の在庫がない限り、330.0万円のこちらを買うしかない。追加装備は、ヘッドレスト後方に備わる風の巻き込みを防ぐウィンドストップ、チタンスタイルと呼ばれる艶消しシルバーのセンターパネル、それに15インチの専用アルミホイールなどである。「オマエは庶民派ではなかったのか」と思いながらステアリングホイールを握って、ホッとする。思いのほか(?)シッカリしたフロア、反応のいいエンジン、幌を下ろせば全身を風にさらすかのような開放感、バルケッタの美点は色あせていない。アルミヘッドをもつ1.7リッター・ユニットは、ツインカムながらさして回りたがらないし、官能的なノートを奏でたりもしないけれど、言い換えれば、低回転域からしっかりトルクをつける実用ユニットである。運転に気を使うことなく、隣の女性にちょっかいを出すことができる。フィアットのオープンスポーツは、気が置けないモデルなのだ。スタイルが、アルファほどトガっていないのもイイ。FF車ゆえの高いフロント部を、丸みのあるノーズで包み、肉感的なテイルでバランスを取る。フェラーリのバルケッタこと166を彷彿とさせるラインをボディサイドにうねらせ、ボタンを押すとレバーが飛び出すドアハンドルは、フィアット8Vからの引用だ。歴史に裏打ちされた愛嬌あるカタチは、古くならない。(NAVI編集部 アオキ)
  • 「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場 2004.8.2 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「フィアット・バルケッタ」のフェイスリフト版の予約受付を、2004年7月31日に開始した。デリバリーは9月中旬の予定。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る