「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場

2004.08.02 自動車ニュース
 

「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場

フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「フィアット・バルケッタ」のフェイスリフト版の予約受付を、2004年7月31日に開始した。デリバリーは9月中旬の予定。



 

イタリア語で「小舟」という名を持つ「フィアット・バルケッタ」は、コンパクトカー「プント」のプラットフォームを流用してつくられたオープン2シーターで、初代は1995年にデビュー。日本へも2003年初めまで導入されていた。
今回発売されたのは、2002年12月にフェイスリフトを受けたバージョン。機関面に大きな変更はなく、1.7リッター直4+5段MT、左ハンドルのみの設定で、価格は292万9500円となる。


【スペック】
全長×全幅×全高=3895×1655×1275mm/ホイールベース=2275mm/車重=1100kg/駆動方式=FF/1.7リッター直4 DOHC16バルブ(130ps/6300rpm、16.1kgm/4300rpm)/価格=292万9500円
 

ニューバルケッタの特徴は、スポーティイメージを強めたエクステリアデザイン。特に、フロントグリルを強調したマスクが、アグレッシブなイメージを与える。さらに、ホイールやリアバンパーのデザインも変更された。
エンジンは、可変バルブタイミング付き(吸気側)の1746cc直列4気筒DOHC16バルブ(130ps/6300rpm、16.1kgm/4300rpm)。5段MTを介して前輪を駆動する。

マニュアルエアコンやAM/FMチューナー付きCDプレーヤー、集中ドアロック&キーレスエントリーなど、快適装備は充実。安全装備として、デュアルエアバッグ、プリテンショナー付き3点式シートベルトなどが付与される。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

バルケッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット・バルケッタ(5MT)【ブリーフテスト】 2004.12.28 試乗記 ……292万9500円
    総合評価……★★★★

    イタリアン2シータースポーツの「フィアット・バルケッタ」がフェイスリフト。ライバルがモデルチェンジする中で、デビューしてからすでに10年が経つ古株モデルに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 「フィアット・バルケッタ」の“本場”で誕生20周年ミーティング 2015.7.6 画像・写真 トリノ・リンゴットに集まった「バルケッタ」の国際ミーティングを写真で紹介。
  • フィアット、レザー仕様の「バルケッタ」発売 1999.6.25 自動車ニュース フィッアットオートジャパンは、「フィアットバルケッタ」に限定モデル「リミテッド」を設定、7月3日より発売する。「フィアットバルケッタリミテッド」は、専用の内外装を与えられた仕様で、日本では100台の限定で発売される。価格は330.0万円だ。外観上の特徴は、フロントバンパー組み込み型スポイラーをはじめ、15インチアルミホイール、フロントフォグランプ、インテリアの同系色のソフトトップ(赤も用意されている)などにある。内装面では革張りシートをはじめ、革巻ステアリングホイールおよびシフトノブが最大の特徴だ。加えてキルティングタイプのクロスステッチが施され、雰囲気を出している。内装色は「レッドスタイル」(赤)とブラックの2パターンで、外板色に合わせての設定となる。レーシングレッドの外板色にはブラックレザー(にブラックソフトトップ)、シルクブラックメタリックにはレッドスタイル(にレッドソフトトップ)、さらにスチールグレーメタリックにもレッドのコンビネーションという具合だ。装備としては、風の巻き込みをおさえるウインドストップをはじめ、シート後方に装着されたオーディオ用サブウーファースピーカー、フロントローディング式CDプレイヤーなどが採用された。ドライブトレインはこれまでのモデルと変わらず、130馬力の1.8リッター4気筒DOHCエンジンに5段マニュアルトランスミッションの組み合わせとなる。カラーでお見せできないのが残念です。僕も見たかった......。(Web CG オガワ)
  • 「フォルクスワーゲン・ポロ」に“職人”の名を持つ2タイプの特別仕様車 2017.4.4 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年4月4日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「TSIコンフォートライン マイスター」と「TSIハイライン マイスター」を設定し、販売を開始した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る