「日産ムラーノ」、予約受付開始

2004.07.30 自動車ニュース

「日産ムラーノ」、予約受付開始

日産自動車は、2004年7月29日、今秋発売予定のクロスオーバーSUV「ムラーノ」の予約受付を開始した。

2002年12月より北米では販売している「ムラーノ」。日産の九州工場でつくられている新型SUVは、エントリーグレードで日本専用仕様となる2.5リッター直4「QR25DE」ユニット(163ps、25.0kgm)搭載の「250XL」、3.5リッターV6「VQ35DE」(231ps、34.0kgm)を載せる「350XV」と、その4WD版「350XV FOUR」の3車種をラインナップする。

トランスミッションは、2.5リッターに4段AT、3.5リッターに6段マニュアルモード付きCVT「エクストロニックCVT-M6」を奢る。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4770×1880×1685(4WDは1705)mm、ホイールベース=2825mm。ライバルと目される「トヨタ・ハリアー」(2.4&3リッター)比で、長さ、幅でそれぞれ+35mm、高さで+15mm、ホイールベースは110mmも長い。

気になる価格だが、公式リリースには記載されていないものの、店頭では285.6万円から375.9万円までといわれている。

(webCG 有吉)

日産自動車「ムラーノ」:
http://murano.nissan.co.jp/

 
「日産ムラーノ」、予約受付開始の画像

関連キーワード:
ムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
ホームへ戻る