【スペック】全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm/ホイールベース=2710mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2.5リッターV6 DOHC24バルブ(198ps/6800rpm、24.9kgm/3000rpm)/価格=545.0万円(テスト車=568.1万円/フロントパーキングコントロール=6.3万円/プレミアムサウンドパッケージ=16.8万円)(写真=荒川正幸)

ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(後編)】

最良のXタイプ(後編) 2004.07.29 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)……568.1万円日本でもリリースされた「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプ“初期型”セダンを日常のアシとする『webCG』エグゼクティブディレクター、大川悠が箱根で乗って……。

かなり勉強している

「ジャガーXタイプエステート」。ワゴンボディのデザイン上の狙いは、「スポーティブネス」よりも、まずは「大きな荷室を確保すること」と「ジャガー的なエレガンスを保つこと」だったという。
たしかに実際の荷室寸法は、シートアレンジ次第で445〜1415リッターになり、ジャガーは、メルセデスの「Cクラスワゴン」、「BMW 3シリーズツーリング」「アウディA4アバント」など、ライバルのどれよりも広いと主張する。それに、同じフォードグループ内の「レンジローバー」などと同様、テールゲートとリアウィンドウが個別に開閉できるというメリットも持つ。しかも荷室内部の仕上げや装備はかなり勉強している。

不満の残るリアシート

でもいいことだけではない。そうでなくても快適とはいえないリアシートは、特にバックレストが硬くなり、大事な客を乗せにくくなった。周知のようにこのクルマは、「フォード・モンデオ」と共通のプラットフォームを持つが、極端にいうとジャガーの場合、ホイールベースに対して、キャビン全体をやや後方にもってきたように思える。
そのためか、ドライバー足下のトーボードがやけに奥深い一方、リアシート位置に対してリアドアが後ろになり、結果としてセンターピラーからリアシート前端までの距離が非常に短くなる。しかもリアドアの開く角度が比較的限られていることもあって、リアへの乗り降りは非常にしにくい。
もともとそういうリアシートのバックレストがまた硬くなってしまったというわけで(それはメルセデスでもアウディでも同じだが)、Xタイプのリアルームは、さらに快適性を失った。
もうひとつ、これは比較的上質になった革内装のためもあるが、リアシートの折り畳みが割合重いし、特に完全に畳んだとき、ブラインドのケースの取り外しが一仕事になる。

3年待ってから

腰から上がジャガー設計の2.5リッターV6は、例によってかなり勇ましい音とともにスポーティに吹く。JATCOの5ATは、Jゲートのタッチも含めて、以前よりだいぶ改善されたとはいえ、まだ多少鈍いところがある。が、これも年を追ってよくなっていくだろう。

『webCG』スタッフによれば、箱根などで飛ばしていると、2リッターの方が軽快で楽しいという。それはとても理解できる。でも、Xの価値は4WDにあることを、「2.5 SE」セダンの初期型と2年半以上暮らしているリポーターは信じている。
そしてこのエステートのできからしても、セダン版の2.5 SEも相当によくなっていることがうかがい知れる。やはりジャガーは、3年待ってから買った方が良さそうだ。

(文=webCG大川悠/写真=荒川正幸・ジャガージャパン/2004年7月)

ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015530.html

 

関連キーワード:
Xタイプ エステートジャガーXタイプ試乗記

あなたにおすすめの記事